昔ながらのかまど炊きと手絞りで大事に豆腐をつくっています。

2019.11.09

三義の文化祭

11/3は、我が地区、三義の文化祭でした。
今時、こんなに盛り上がる村の文化祭なんて、他にはないでしょう。
展示、ステージ発表、屋台と大賑わいでした。
 
中でも、私は、三義子供会の会長として、ステージ発表には命がけでした(笑)。村のおじいちゃんおばあちゃん達に喜んでもらうぞ、という一心で。
IMG_6076
創作・組体操をしました。
 
三義の馴染みの風景を、体で表現したのです。
 
「三義の山、山室川、きれいな星空」に始まり、「お寺の和尚さん」になってみたり、「柿の木」に群がる「猿」になってみたり、「鹿」になってみたり。クライマックスは、三義の米作りとして、「お田植え」「稲刈り」を表現しました。途中、たくさんの可愛い「カエル」も出てきます。
 
そして、最後には、6年の次女が、「こんな三義の風景がいつまでも残っていってほしいです」と大きな声で堂々と言ってくれました。やらせじゃないです(笑)。本当に感動しました。何人も泣いてくれた人がいました。やってよかったー!と心の中でバンザイでした!
 
16人の小学生達。練習の度に「早く組体操やろうよ!」と言ってくれました。「”猿”やりたい人ー!」と言うと、「はーい!はーい!」と猿のように群がってきました。本当に可愛いです。三義という、この田舎でのびのび育っている証拠だなぁと思いました。
 
三義の子供達は、風景とともに、後世に残したい財産です。

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントする

管理人にのみ公開されます