昔ながらのかまど炊きと手絞りで大事に豆腐をつくっています。

2019.06.28

麹作り

梅雨。と言えば、味噌作り。

隣の菊美ばあちゃんから教わったやり方では、梅雨に仕込むのがいい。 なぜかというと、梅雨は湿度と気温が高いので、麹を起こすのに最適だからだそうだ。

 

忙しい合間を縫って、味噌作りのための、麹作りが始まった。

 

お米を蒸して、IMG_5103

麹菌を混ぜて、

IMG_5102

一日寝かせる。

菊美ばあちゃんによると、ちょうど24時間後に熱がくるという。

でも、やっぱり今年も気温が低くてなかなか熱くならない。

IMG_5114

9時にふとんに入るものの、、、

深夜1時に起きる。少し熱くなってきた。でも、まだ。

深夜3時に起きる。いいぞいいぞ、なかなか熱いぞ。あと少し。

深夜4時。熱い!よしっ、麹を広げるぞ!

電気をつけて、ゴソゴソ、、狭い桶から大きな桶に広げる。

 

ここでタイムリミット。

豆腐の工場に猛ダッシュ!!油揚げを揚げに。

 

おかげで、この日は一日フラフラでした。

でも、一晩経って、きれいな麹の花が咲きました。

IMG_5116

自然界ってすごいなぁ。

環境を整えてさえやれば、こんな菌がわんさか繁栄する。

豆と合わせれば、美味しい味噌になり、食卓になくてはならない食べ物になる。

 

人は、目には見えない生き物によって、生かされてるなぁ。

そんなことを毎年この時期になると感じます。

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントする

管理人にのみ公開されます