昔ながらのかまど炊きと手絞りで大事に豆腐をつくっています。

2019.05.10

おからと動物と

IMG_4866

毎日、豆腐屋で出るおからは、長谷で動物を飼っている友人のところに持っていく。

 

夕方、軽トラで行くと、動物たちの賑やかな声が聞こえてくる。

「ごはんだ、ごはんだー!」と騒いているようだ。

 

IMG_4863

むしゃむしゃ。

IMG_4861

か、かわいずぎる・・・

 

最初は、持っていくの面倒だなぁと思っていたけれど、

これだけ美味しそうに食べるなら喜んで持っていきますよ!って思う。一日の終わりに、本当に癒されます。

 

今日は、飼い主さんの他に、動物を見にこられた方もいらっしゃった。その方が、こうおっしゃった。

「うちの実家でも、昔は近所に豆腐屋さんがあって、おからを、牛を飼ってるところに持っていってましたよ。でも、そのうち、牛を飼うのをやめられて、豆腐屋さんもやめられて、今はなんにもないです。」

 

豆腐屋のおからって、今では、産業廃棄物と同然です。お金を払って処分してもらっている豆腐屋さんがほとんどです。

地域で循環していた当たり前の仕組みが、いつの間にかなくなっているんですね。

 

豆腐屋をすることで、動物を飼うことで、

また地域で豊かな営みが生まれるといいです。

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントする

管理人にのみ公開されます