昔ながらのかまど炊きと手絞りで大事に豆腐をつくっています。

2019.05.05

鶏をいただく

我が家のニワトリ事情。去年産まれたヒナは、オスだということが判明。よってオスが3羽もいて大変な騒ぎ。収集がつかないので、オス2羽は、さばいて、いただくことにしました。これで2回目。

IMG_4799

ニワトリたちを一番可愛がっていたのは、実はこの私。でも、さばこうと決意したのも、この私。誰よりも心が痛みましたが、ここは意を決してのぞみます。

IMG_4797

毎朝の餌やり当番の、次男(小3)は、泣きました。

三男(4才)も、泣きました。

長男(中2)も、泣きはしませんでしたが、血を見て気持ち悪い・・と出てこず。

皆、それぞれに嫌がってしまい、もしかしてトラウマになってしまったか、と正直心配になってしまいました。

IMG_4800

途中でさばき方が分からなくなり、急遽、近所のチエさんが飛んできてくれました。上手な手さばき。「まぁ、経験だよ。」と朗らかにおっしゃいました。「父は、犬まで食べたよ。」とも。それほど、食べ物に飢えていたのでしょう。

 

食べ物に全く困らない今の時代です。わざわざ自分で飼ってるニワトリを食べなくていいのに、と思うのは当然なのかもしれません。子供にそれを強いるのは、果たしていいことなのか?自問自答しました。

IMG_4816

それでも、さばいた後は、いつもの料理人長男の腕がなり、唐揚げにすべく、下味をつけてくれました。

IMG_4812

次男は、ガラをスープにすべく、火を起こしてくれました。

IMG_4821

出来上がった、唐揚げ。

長女が、「美味しすぎる」と何度もつまみ食いしてきました。

長男が、「料亭の唐揚げより美味しい」とうなっていました。

IMG_4853

あんなに泣いていた三男は、いつまでも、肉をしゃぶっていました。

「それ、あのピヨだからね」と言うと、

「わかってるよ!!」と。

おまけに、「そこ、ピヨの首の部分だよ」と長男。

 

IMG_4809

きっと、これでよかったんです。

きっと、トラウマにはならないでしょう。

きっと、何かを学びとってくれる、、かな?

分かりませんが、親として最良だと思うことをする。それしかありません。

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントする

管理人にのみ公開されます