昔ながらのかまど炊きと手絞りで大事に豆腐をつくっています。

2019.04.30

三義、峠越え物語①

まめやのある村「三義(みよし)」は、山に囲まれている。

町に出るには、小豆坂トンネルを抜けて山を降りなければいけない。

でも、昔は、トンネルなんてなかったんだ。

 

 

隣に住む90歳の菊美ばあちゃんに、昔の話を聞いてみた。

「昔はトンネルがなかったから、歩いて山を越えたよ。峠道があったんだ。毎日、下駄を履いてね、おにぎり握って、町の高校まで通ったんだよ。一週間で下駄が擦り切れたものだよ。」

IMG_4782

この話を聞いて、「すごい!行ってみたい!」と叫んでしまった私。

今年は、三義子供会の会長を務めるので、その峠道をぜひとも遠足で歩こうと、この時、固く決意したのである。今の小学生たちに、昔の人のすごさと大変さと知恵を伝えたい。

IMG_4755

4/28(日)晴れ

有志のみんなと、馬も一緒に、遠足の下見。

まずは、おばあちゃんの歩いた道を辿ってみよう。

三義ー板山を結ぶ峠道だから、「板山峠」と呼ばれていたらしい。

「馬が通ったから、きれいな道だったよ」と。

IMG_4760

山の奥にも、田んぼの跡があって、びっくり。

昔の人が作った水の道「井筋」も残ってる。

三義にたくさんの人が住んでいたんだろうなぁ。

みんなで苦労して開墾して自給していたんだろうなぁ。

IMG_4758

タヌキの「ためグソ」発見。

タヌキは、糞をいっぱい溜めるらしい。

IMG_4781

しかし、この後、道がなくなり・・・

「ここは道?田んぼの跡?」と迷い・・・

そうだよね。もう70年以上前の道だもんね。そのままであるはずがない。倒木もすごい。馬はここで断念して引き返すことに。

IMG_4780

しかし、同行してくれていた地元のチエさんは、やっぱり心強い。先発隊となり、道を探してきてくれた。そして、なんとか頂上まで、辿り着くことができた。

IMG_4762

頂上でお昼ご飯。菊美ばあちゃんも、こんな風に、おにぎりを頬張ったのだろうか。登下校中に。制服と下駄姿で。

 

しかし、この後、板山に下る道が分からず・・・

無念にも、同じ道を下山することに。

でも、帰り道は印を付けて、行きに迷ったところも正しい道が分かり、スタート地点に戻ることができた。よって、頂上までの道は確実に再現することができたといえる。

 

こんな道を毎日通ってたなんて、昔の人はスゴイ!

必ず、道を探り当てるぞ!

そして、三義の小学生全員を引き連れて、峠越えの遠足をするんだ!

 

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントする

管理人にのみ公開されます