昔ながらのかまど炊きと手絞りで大事に豆腐をつくっています。

2019.02.16

かあちゃん

まめやは寒中休み中です。

12日(火)〜20日(水)まで

 

中2の長女、学校から帰ってくるなり、

「あれ?!なんでお母さんいるの!?

あーそうか、お母さん無職だもんね!大丈夫なの?」

 

・・・お母さんは決して無職ではありません。

ついでに、何が大丈夫なの?かというと、暇すぎてすることがないんじゃないか?という心配だそうです。笑

 

・・・お母さんは決して暇ではありません。

まめやの仕事以外に、することは山ほどあるのですぞ。

 

と言いたいところですが、この娘の言葉に、子供達の”お母さん像”が詰まっているようで、なんだかおかしくてたまりません。

IMG_4491

重松清の『かあちゃん』を読み終えました。

 

「世界中のすべてのひと。あらゆる時代のあらゆるひと。

例外などない。生まれてきた瞬間に、いちばんそばにいてくれるひとは、どんな人間の場合にも、母親なのだ。

思い出すことすらできない人生の一番最初の記憶に母親がいる。

その深い深い記憶を忘れずにいるかぎり、ひとは、どんなに寂しい毎日を送っていても、決してひとりぼっちではないのかもしれない。」

 

重松清の文章です。かあちゃんっていいなぁって思います。

 

IMG_4487

昨日の夕飯のおかず。漬けてあったたくあんを、ごま油で炒めて酢と鰹節で味付けし直したもの。ご飯がすすんで子供たちに大人気でした。

 

こういう地味なおかずを作るのも、かあちゃんだなぁと。料理上手な夫も作りません。きっと腕の立つシェフも作りません。でも、滋味深くて、ご飯が本当に美味しく食べられるおかずです。きっと、三義のおばあちゃん達は、皆つくります。

 

冬の初めからすっと食べてきたたくあんに、そろそろ飽きてきたなぁと、だからアレンジして生まれる、知恵の詰まったおかずです。野沢菜の古漬け炒めも、同じような知恵ですね。

 

こういう暮らしの知恵から生まれる料理をするのは、やっぱり、かあちゃんです。それが、かあちゃんの仕事です。

 

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントする

管理人にのみ公開されます