昔ながらのかまど炊きと手絞りで大事に豆腐をつくっています。

2019.02.01

薪の火と読書

木曜日は、夫より早く起きて工場に向かう。

午前3時すぎ。

シュッとマッチをすって点火。

 

パチパチと薪のはぜる音が、しんと静まり返った工場の中で反響する。寝ぼけまなこが、だんだんと冴えていく。夫が来て薪の音以外の音が立ち始める前の、静寂の約1時間。

IMG_4440

薪をくべながら、本を読む。この時間が好き。

 

相変わらず、重松清。都会の話だったり、中学生の思春期の話だったり、私とは状況が違うんだけど、なぜか共感してしまう。重松清の易しくて優しい文章が好き。比喩がいつも面白くて、想像力が掻き立てられる。

IMG_4438

本を読む。薪をくべる。

非日常にぶっ飛ぶ。日常に戻る。

人ってなんだろって考える。自分の暮らしを考える。

この行き来が、とてもいい。

 

 

 

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントする

管理人にのみ公開されます