昔ながらのかまど炊きと手絞りで大事に豆腐をつくっています。

2013.07.05

忙しい時の、とりとめのない話

ここのところ、更新ができずにいました。夜、ふとんのところで子供に本を読んで聞かせると・・・必ず、寝てしまい・・朝、慌ててパソコンで事務仕事をしている母です。
 
雨が降って草刈りの仕事ものしかかり、おまけに、保育園の役員(私)や、地域の総代(夫)なんかも引き受けてしまって、忙しすぎます。さらに、この夏は、ギフトセット「まめやの夏の贈り物」なんぞも始まり・・。このブログでのご案内も遅れています。スミマセン。
 
詳細はまた追ってお知らせします。

明日は、小学校の音楽会です。無理やり時間を作って夫婦で観にいきます。小3の長女は、「てぶくろを買いに」で迫真の演技を見せてくれるでしょう。去年は、「スーホの白い馬」を演じて、泣かせてくれました。小2の長男は、「サウンドオブミュージック」です。ユダヤ人迫害の話を長男に話してあげたら、今日、「アンネの日記」を図書館で借りてきました。3センチも厚みがある!どうやって読み聞かせよう・・。
 
今週、長男と長女が作ってくれたお寿司。料理の本の表紙にのってた写真を見て、自分達で考えたお寿司でした。酢飯に、大根とキャベツの塩もみが入ってます。美味しくて取り合いでした。

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントする

管理人にのみ公開されます