昔ながらのかまど炊きと手絞りで大事に豆腐をつくっています。

2018.02.02

郵便屋さん

IMG_3305

咳をしている私に、いつもお世話になっている郵便屋さんが、「心配で…」と色々持ってきてくださった。ハチミツと黒酢の梅漬け、ゆず塩、お茶、ポスくまのマグカップ。

じーん。。

去年の今頃も、風邪をこじらせて寝込んでいたので、余計に心配してくれたらしい。なんて優しい郵便屋さんなのだろう。

私は、三義と長藤の郵便屋さんが大好きだ。ただモノを運ぶだけの運送屋さんとは違う。人と人との有機的なつながりがある。困ったことがあったら率直に話せるし、誠意をもって耳を傾けてくれる。そこには、利害関係よりも、人との信頼関係が先に立つ。

「昔はもっとゆるかったのよ〜。配達のお宅でお茶して談笑できたりしてね。今は厳しいよ。」とおっしゃる郵便屋さん。郵便屋さんは、本来、地域の御用聞きのような存在だったのかもしれない。だから、地域のことを一番よく知っていた。

厳しくなったといえど、まだまだゆる〜い郵便屋さん。うちの店で、買い物もしていってくれる。こんな素敵な郵便屋さんがいることも、ここの田舎暮らしのイイトコだな〜なんて思います。

さて、これ飲んで、明日は暗いうちから、立春大吉豆腐(てっちゃん大豆使用)製造。油揚げ厚揚げがんも、揚げまくります!!

立春大吉豆腐
販売日時 2月4日(日) 立春の日 正午〜17時
販売場所 いたや酒店さん店頭

無農薬大豆使用の木綿とうふ 1丁500円
青大豆ざる豆腐(天日塩付き) 1丁800円
その他、油揚げ、がんもなど

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントする

管理人にのみ公開されます