昔ながらのかまど炊きと手絞りで大事に豆腐をつくっています。

2013.04.22

続・念願の自転車


こちらでも、念願の自転車をゲットした人がいた。長男の妹、次女(5歳)だ。もれなく、長男の乗っていた「ちっこいチャリンコ」のお下がりがまわってきて、ニコニコだ。こうしてみると背の低い5歳の保育園児にぴったりのサイズなのがよくわかる。(いかに長男(7歳)には、ちっこかったか)この自転車、うちに来る前から既に年代物だったので、次女で一体何代目か・・ここまで乗られれば自転車も本望だろう。

末っ子(2歳)は、私の自転車のかごがお気に入りになった。本当は私一人でスイスイ走るために買ったんだけど・・。かごの”お荷物”のおかげで、ゆっくり押して歩くはめに。まぁ、次男坊の歩きに付き合って一緒に歩くより速いから便利としよう。
 
先週末は、スタッフあやさんの88歳のおばあちゃんが、愛知県から一人、電車で訪ねてきた。なんてタフなお方なのでしょう。だからあやさんもタフなんだ!と合点。しかも、着物を着て、お手製のチラシ寿司とたくさんのお土産をさげて。まめやのいなり寿司と一緒に、桜の花びら舞う外を眺めながら、楽しい昼食となりました。皮が主役のおいなりさん、だいぶ上手になってきています!

コメント/トラックバック (1件)

トラックバック用URL:

  • おいしそうなお稲荷さんがたっくさん!
    鮮やかな色合いは あやさんのおばあさまのちらし寿司ですね!
    着物が大好きな私ですが なかなか思い切って外出が出来ません、
    おばあさまのように昔ながらの御馳走を手作りして
    親しい方のもとへお出掛けするのは本当に憧れ・夢です♪
    いつか、私もそんな女性に…。

  • コメントする

    管理人にのみ公開されます