昔ながらのかまど炊きと手絞りで大事に豆腐をつくっています。

2017.08.24

伊那市立図書館にて

長期の夏季休業ありがとうございました。結局イレギュラーの予定が立て続けに入り、やりたいことの半分もできませんでしたが(笑)。

昨日から、まめやは通常通り、営業しています。

さて、伊那市立図書館では、只今、私のオススメ本が展示されています。ちょっと恥ずかしいけど、お知らせしちゃいます。

IMG_2615

写真正面の「かんじき飛脚」(山本一力著)は、追っ手に命を狙われながら重要な文書を届ける飛脚の話。かんじき一つで進む飛脚、カッコ良すぎです。胸が高鳴りページをめくる手が震えたのを覚えています。

「あかね空」(山本一力著)は、江戸時代の豆腐屋の人情話です。泣けます。昔の人はカッコ良いです。手に職もってます。自然のものから身の回りの全てを自分で作ってます。こんな時代小説ばかり読んでたから、こんな古くさいやり方で豆腐屋始めようって思ったんだなぁと、今、しみじみ思い返しています。

その他、私の原点ともなった本の数々が展示されています。おまけに、天下の司馬遼太郎と並んで、まめつぶこ拙著4コマ漫画なんかも…。恐れ多いっす。2ヶ月ほど展示予定だそうです。のぞいてみてくださいね。

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントする

管理人にのみ公開されます