昔ながらのかまど炊きと手絞りで大事に豆腐をつくっています。

2017.02.18

干し芋

IMG_1451

買ってしまった。
 
すっかり元気になったので、ちょっと遠出。全然買い物するつもりなかったんだけど、これ見たら、勝手に手が動いてレジまで行ってしまった。どんだけ干し芋好きなの、と自分で突っ込む。
 
きれいなパッケージの県内産干し芋、茨城県産の干し芋、数種類あったけど、これが一番干し芋が美味しそうだった。んで、やっぱり美味しい。形、色、つや、食感すばらしい。お前は干し芋利きか、と自分で突っ込む。
 
それにしても、ジップロックに入れるだけの、なんと簡素なパッケージ。でも、無駄がなくていい。ジップロックは再利用できる。味もいいから大満足。多少高くても。まめやのパッケージもこれでいいならいいなぁ、なんて思ったりする。
 
いつも私は、まめやの豆腐は高いから、お客さんに満足してもらえるように、それなり見栄えのするパッケージにしようと気を使っている。付加価値のようなものだ。デザインを考えるのも好きだ。でも、一方で、ゴミも多いし、手間もかかるし、逆に「高そう」っていうイメージを植え付けてないか?って思うこともある。
 
それにお客さんの満足ってなんだろう。私は、この商品っぽくないパッケージが、逆にホンモノっぽくて気に入ったのだ。パッケージに気を使ってないところが、中身で勝負というかんじで、(勝手に思ってゴメンナサイ)、なんだか好きだ。
 
まめやの豆腐もジップロックにするか⁉︎揚げも!なんて一人でぼやいてみる。あ、昔は、ボウルに豆腐だったもんな。やっぱりこれが究極だな。

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントする

管理人にのみ公開されます