昔ながらのかまど炊きと手絞りで大事に豆腐をつくっています。

2017.01.27

立春大吉豆腐

立春大吉豆腐A42017 [更新済み]

3年ぶりに復活です。
2/4(土)立春の日の「立春大吉豆腐」
伊那市いたや酒店さん店頭で販売します。

IMG_2731

今朝1/28付の信濃毎日新聞にも掲載されました。どんどんご予約が入っています。〆切は1/31ですが、お早めに!96-7710(日・月曜定休)
 
思い返せば3年前のこの日をもって、まめやは休業したのでした。友人の和歌山の豆腐屋さんが応援に駆けつけてくれ、一緒に販売しました。全てを売り切ったこの日の夜、夫の顔には、晴れ晴れしい達成感ではなく、険しい道のりを歩んできた深い心労が滲み出ていました。これでやっと豆腐から解放される、そんな心持ちさえありました。と同時に、これから先どうなるのだろうと、外の闇夜と同じくらい暗く重い不安がのしかかってきたことを思い出します。お腹に宿る小さな命には、「あなたはどんな意味があって今、ここにやってきたのだろう。」と何度も問いかけました。
 
今年、こうやって新たな気持ちでまた、立春の日に豆腐を作ることができ、喜びでいっぱいです。記者さんが、上手に書いてくださいました。「一度リセットし、今は不思議なぐらい楽しい」と。本当にそのとおりです。今、2歳になる息子のように、私は無邪気に熱く楽しく生きています。
 
当日は、その場でも召し上がっていただけるよう、立春朝搾り酒と湯豆腐などのおつまみもご用意する予定です。駒ヶ根のパン屋「土ころ」さんが、ドラム缶でパンを焼いてくださいます。どうぞ、遊びにいらしてください。たくさんの方々にお会いできますことを楽しみにしています。

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントする

管理人にのみ公開されます