昔ながらのかまど炊きと手絞りで大事に豆腐をつくっています。

2016.03.08

とりめし缶詰め事件

長男の部屋にこんなものが。猛獣にでもこじ開けられたかのような缶詰め。確か、この缶詰は、非常食として人からもらったもので、私の部屋にしまってあった。側面に、「とりめし」って書いてある。
 
「おい!ちょっと来なさい!!」と私は急いで長男を呼びつけ、詰問した。
「コレ、食べた?」
(長男、顔こわばる。)
「…うん。」
「いつ食べたの?」
「みんなが出掛けて、いない時に」
「なにで開けたの?」
「トンカチで」
 
これまでも、コソコソ隠れてお菓子を食べちゃう長男。いや、他の兄弟も、スキあらば、戸棚の中のお菓子をねらってる。冷蔵庫の中の、かつおぶしも、マヨネーズも、お砂糖も、海苔も、標的となり、気がついたらなくなっている始末。それにしても。
 
どんだけヒモジイんだよ!
まるで三度の飯も与えられてない子じゃないか!
(いや、三度の飯をおかわりして、おやつもしっかり食べて、普通の子より食べてるでしょ…)
 
あきれすぎて笑いが込み上げてくる。一応、親として叱るものの、この頑丈な缶詰めをどうにかして開けて食べようと試みた、その異常に強い食い意地と、豊かな発想と、根性と、執念に、感服。「スゴイ!」とほめてやった。
 
「で、美味しかったの?」
「わかんない」
 
まずかったんだな。30分も加熱して食べるものだから、パサパサで美味しくないに決まってる。自衛隊が山で訓練する時に食べるやつなんじゃないか?コレ。お湯さえあれば食べられるやつ。長男は、お湯さえいらない。どこでも生きていけることが立証された。
 
担任の先生に言われた言葉、「平成の子供にしておくには、もったいない!まるで昭和の子供です。」を思い出す。

コメント/トラックバック (4件)

トラックバック用URL:

  • 「平成の子供にしておくには、もったいない!まるで昭和の子供です。」

    ダハハハハハハ! 先生うまいこと言うね。
    納得し過ぎてウケル〜。

  • だよね!
    1年しか受けもってないのに、よく本質見抜いてるよね。
    先生の経験から、こういう創造性豊かな子は、整理整頓が苦手だって。笑

  • でもね、ワシは凄くいいと思うよ。
    感受性も豊かで、与えられる物でなく、欲しい物を自分で作り出す想像力や行動力、めげない気持ちや、いっぱい良いもの持ってる。
    今は、物も情報も溢れ過ぎて気持ち悪いくらいだけど、そんな中、この子達を見てると忘れちゃいけない物をたくさん思い出させてくれるんだよ。
    「昭和の子供」って凄い褒め言葉だと思うんだよね〜(^_^)b
    と、昭和生まれは思うのです。ハイ。

  • あんな山で育ったシンさんの子供時代、さぞかしヤンチャだっただろうなー!小さなシンさんと、ケンタロー、気が合ったかも。笑

  • コメントする

    管理人にのみ公開されます