昔ながらのかまど炊きと手絞りで大事に豆腐をつくっています。

2016.02.29

長男の誕生日会

長男が10歳になった。誕生日会には、近所に住む仲良しの友人も来てくれた。

長男のリクエストは、ちらし寿司。渋いねぇ。他には父が(食べたくて)、ゲンコツのような特大コロッケを作ってくれた。

恒例の豆腐クリームケーキ。ほとんど目分量で作る、卵バター使わずの、カチカチケーキ。ロウソクのほうが折れて、立てるのが一苦労。
 
でも、我が家の子供達は、これで満足。友人も、初めて目にするカチカチケーキに、驚きをあらわにしながらも、スコーンみたい!と喜んでくれた。
 
友人は、私の唯一のIターン仲間。不思議とどこか気が合う。この友人が近所にいてくれたおかげで、私の島根生活が楽しく、同志がいる”安心感”のようなものをもつことができた。でも、切ないことに、出会ったのはつい最近。もっと早く出会っていればよかったと、この島根生活の大きな悔いの一つ。神様の采配のようです。
 
さて、10歳になり、プロ野球選手になるべく、毎日の鍛錬にさらに磨きをかける長男。素振り200回(上半身裸)、壁打ち、マラソン、腕立て、腹筋に励み、体が割れてきました。長野の村では、いつもケンタローの泣き声がするって、近所の人に言われてたのになぁ。今でもよく泣きますが。それでも、この島根の2年間の大きな成長に、しみじみと感慨に耽る母です。

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントする

管理人にのみ公開されます