昔ながらのかまど炊きと手絞りで大事に豆腐をつくっています。

2015.10.14

干し柿 2015

島根で干し柿ができるとは!いつもお世話になっているおばあちゃんに、渋柿をもらった。野菜、筍、野いちご、栗・・いつもいつも私に季節の実りをくださる。
 
湿気の高い気候なので、カビやすいそう。日当たりよりも、風通しの良い場所で干すといい。そして、皮を剥いたら、熱湯に15秒ほどつけるとカビない。でも・・そこまではなかなかできないので、私はただ干すだけ。カビる前に、どんどん食べてしまおう。
 
長野では毎年作っていた、大好きな干し柿。島根の干し柿はどんな味に仕上がるだろうか。その土地ならではの味と作り方に楽しみを見出す。

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントする

管理人にのみ公開されます