昔ながらのかまど炊きと手絞りで大事に豆腐をつくっています。

2015.05.18

振り返り

島根に来てちょうど一年が経つ。過去のブログを振り返ってみた。
 
なんだ、ちょうど一年前が一番良かったんじゃないか。夫婦が一緒に原点に立ち返って再出発しようという時だった。人というものは、大志を抱き、これから進もうとしているときが一番輝いている。ところが、いざ突き進んでいくと、数々の問題や矛盾にぶち当たり、これでいいのか、こんなはずじゃなかったと葛藤するようになる。人生はその繰り返しだ。
 
私は、島根での暮らしが好きだ。今、畑仕事、子供のこと、地域のことなどが無理なく調和している。経済的にはとても苦しいけれど、心の余裕は高遠にいた頃よりはるかにある。
 
夫はというと、妻から見た偏見に過ぎないが、日に日に輝きを失っているように思う。ここでの生活は、彼から彼らしさを奪っているように思えてならない。本意ではない生き方を強いられて、魂をもたないロボットのようになってしまっているようだ。
 
・・・と書いて、夫からブーイングが飛んだ。どうやら、本当に私の偏見だったようだ。毎日ほとんど会わず言葉を交わすことがなくなってしまったので、こういう思い違いも起こる。夫婦は、親子と違って、やっぱり赤の他人。分かるようで分からない。大事にしないと離れていく。それに気がついたのが一年前だったはずなのだが。あまり進歩がない私。

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントする

管理人にのみ公開されます