昔ながらのかまど炊きと手絞りで大事に豆腐をつくっています。

2015.04.13

野草

この時期は、犬と一緒に野山を歩くのが楽しい。食べられる野草はないかな~。足元に目を凝らしていくと、三義でおなじみだった野草が見つかる。
 
この間は、すっかり荒地になってしまった休耕田を眺めながら歩いていたら、遠くに一角だけ固まって生えてる黄緑色の葉と白い花に目がとまった。なぜだか気になって目が離せない。もしかして、葉わさび??
 
思い切って、藪の中を掻き分け、ぬかるみに足をとられながら、行ってみた。やっぱり葉わさびだ!春になると三義の家の裏にたくさん生えて、よく食べたやつだ。つい先日、こちらの産直で売っていて懐かしいから買って食べたところだった。遠目にも雑草の中から葉わさびを見抜いた我が眼はスゴイ!と自画自賛。自分だけ知ってる秘密の花園ってかんじで、嬉しいなぁ~。ちょっとだけ拝借。
わさび

ついでに、ぬかるみには、せりがいっぱい。甘くて根っこもやわらかくて美味しい。

すぐり
ん?これは、もしや、スグリ??実が酸っぱいやつだ。いや、本当は、実が赤くなってから食べるから甘いはずなんだけど、うちの子供らは、酸っぱいうちからよく競い合って食べてた。
 
私が見つけた、このスグリかもしれない草は、まだ花が咲いたばかりで実がなっていないからよく分からない。こういうのは子供に聞いたほうが早い。子供達を呼んできて、「スグリって覚えてる?これかもしれないんだけど。」「スグリ?どれ?あ!あの○○のおばちゃんの庭にあってよく採って食べたやつだ!」「じゃぁ、実がなる頃ほんとにスグリか分かるね。また楽しみに見にこようね。」
 
そして、帰り道。道端に生えてた、スイバを次女がポキッと折り、チューチュー。おなじみの酸っぱい草。ほんとに道草って食うんですね。
すいば

あんまり美味しそうに食べるので、目かくしでパチリ。歯抜けでスイバチューチュー、ちゃんとお嫁にいけるでしょうか。すいばふみ

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントする

管理人にのみ公開されます