昔ながらのかまど炊きと手絞りで大事に豆腐をつくっています。

2014.10.16

仕事に復帰

今週から仕事に復帰しました。馬とともに生きるオールタナティブな学校「他力塾」のスタッフです。午前中のみ、赤ん坊とともに、自由に外仕事をさせてもらっています。


牧場は市街地よりずっと高いところにある。どんどん空が近くなってくる。秋晴れ、最高!


馬とずっと関わってきたスタッフは、馬と仲良し。朝の日課”馬の運動”では、馬の背にまたがって、走ったり歩いたりすることができる。私は、これまで事務仕事中心だったので、ぜんぜーん馬のことが分からない。これからは、馬にもっと近づきたいな。
 
そして、畑仕事がしたい!と勝手に畑担当にさせてもらった。しかし、畑にする予定の部分は、最悪なコンディション。水はけ悪くべちゃべちゃ(足が埋まる)、日当たり悪く昼まで暗い、石や木片がごろごろ・・。もともと近くにダムを作った時にでた残土で埋め立てた土地なのだ。それでも、ものは試しと、近所の人にもらった白菜の苗を生徒と一緒に植えてみた。農家出身の生徒は私より畑に詳しい。

そして、初めて、40馬力級のトラクターに乗った。やったぁ!気持ちいい!またまた生徒に教わって操縦。私は生意気にスタッフですが、他力塾の生徒のほうが、いろいろ詳しいのです。
 
「春奈さん、生き生きしてる!!パソコン仕事してた頃とはまるで別人!」と言われてます。2ヶ月の赤ん坊はといえば・・事務所ですやすや。ほぎゃーと泣けば、スタッフや生徒が抱っこしてくれます。「馬さぶろう」と呼ばれています。

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントする

管理人にのみ公開されます