昔ながらのかまど炊きと手絞りで大事に豆腐をつくっています。

2014.07.23

七夕

近所のおばああちゃんに七夕飾りをもらったので、今頃七夕。短冊に願いを込めて。長女の短冊は、「元気な赤ちゃんが産まれますように」「家族みんなが一生長生きできますように」・・・「早く長野に帰れますように」・・そうか、小4の少女にとっては複雑なんだなぁ。
 
私も書けと長女に言われる。しかも、内容まで決められている。「お父さんといつまでも仲良しでいられますように」と。・・・敏感な年頃ですなぁ。時々、喧嘩をしている様子を見ているらしい。はいはい、と素直に書く私。なぜかお父さんには、書けと命令していなかったな。その違いはいかに。
 
あぁ、七夕といえば、伊那の友達の子供の誕生日だったな。すっかり大きくなったんだろうな、と伊那に思いを馳せる。
 
こちらはいつ産まれてもおかしくないのだけれど、夫は仕事が忙しすぎるので、全然体制が整わない。えいっどうにでもなれっ!と、ヤケクソなかんじ。どんな状況であれ、産まれるべき命は産まれてくる。もう十分すぎるほど、この子は、波乱万丈なお腹の中を過ごしている。ついでに、私も、アイスをやめられない。

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントする

管理人にのみ公開されます