昔ながらのかまど炊きと手絞りで大事に豆腐をつくっています。

2014.04.26

伊那

いよいよ引越しの準備が追い込みに入ってきました。家具がなくなり、障子がなくなり、ガスコンロもなくなり、水も風呂場のみとなり、だんだんと淋しい生活になってきました。でも、毎日のように、手伝いにきてくれたり、差し入れを持ってきてくれたりする友人たちに、気持ちが明るくなります。ありがとうありがとう。
 
台所まわりが乏しくなった今日の夕飯は、近所の友人が持ってきてくれた鹿カツ。「揚げればすぐ食べられるから!」とパン粉がついた生の状態で持ってきてくれた。ペロリとたいらげる6人家族の胃袋をちゃんと考慮してか、生の鹿カツが、何枚も何枚もお皿に折り重なっていた。(写真は全然わかんないけど。)

美味しくて嬉しくて胸がいっぱいになった。果たして、私たちは、友達が引っ越すと聞いたときにここまでのことができるだろうか。いや、今まで全くしたことがない。恥ずかしい限りだ。これからは、友のような心をもった人間になりたい。友の心と伊那の味、鹿肉、きっと忘れまい。
 
数日前は、シンガーソングライターのYoshieさんが私たちに会いに来てくれた。私たちの大好きなYoshieさんの歌。だけど、最近はめっきり聴く機会もなくなっていた。豆腐屋で忙しくてライブに行けるわけがなかったのだ。そのYoshieさんが自宅に来てくれた。そして、目の前で歌ってくれたのだ!我が家でのミニミニミニミニライブ。(写真がボケボケごめんなさい。)

おとといは、10年目の結婚記念日。辰野の「こめはなや」さんへ。ずっと行きたかった念願のお店。ここでも温かいおもてなし。10年目の結婚記念日で来ましたなんて言ったら、ユキコさんが、急いでケーキを作って出してくれた。サプライズ!!
思えば、こめはなやさんは、まめやとほとんど同時期にお店を始めた。続けられるだけでもう凄い。続けることの大変さを感じないほど、笑顔が輝いていた。

温かい人達が包み込む伊那。いつか伊那に恩返しができますように、島根で力をつけて帰ってきます。ありがとう。

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントする

管理人にのみ公開されます