昔ながらのかまど炊きと手絞りで大事に豆腐をつくっています。

2018.07.19

暑い日には

ヤギ印さんのカレースパイスを使った、

カレーがおすすめ!

IMG_3842

ん?なんかレトロな写真になってしまった。

撮り直したいけれど、もう食べてしまった。

本当はもっとおいしそうで、おいしーいよ。

IMG_3844

ヤギ印さんのカレースパイスは、辛さが3種類ある。

スタンダード、キッズ、ホット。

 

我が家は、キッズです。ちょっとだけスパイシーで、子供も喜んで食べます。野菜や肉を炒めて水入れて(豆も入ると◎)、やわらかくなったら、カレースパイスと塩こしょうで味付け、ご飯にさらりとかける。コトコト煮込むカレーではなく、野菜は小さく切って軽く火を通して食べるかんじ。暑い夏に良いですよ。ルーの使った、脂ギトギトのカレーは、もはやお腹がもたれて食べられなくなってしまいました。

 

最後に、厚揚げをカレーに入れると美味しいです。

他の具材とは食感が違って、口に入ると嬉しいですよ。

 

 

2018.07.13

命になる

ニワトリの最後の卵とキジの卵は、孵化しないまま腐ってしまった。

IMG_3827
結局、6個の卵から産まれたのは、2羽。

と思ったら、1羽は、親に踏まれて死んでしまった。

IMG_3835
生き残った1羽のヒヨコ。
3羽のお母さんニワトリ。
超過保護の一人っ子。笑

IMG_3839

命になるって、やっぱり奇跡です。

2018.07.11

ヒヨコ

朝、いつものようにエサをあげにいくと、

ヒヨコが産まれていた!

IMG_3821
いつも食べてる卵が、ほんとに孵った。

それだけで神秘。

IMG_3826

まだキジの卵があるからね、とまたギュウギュウになって座るメス3羽。

IMG_3824

可愛すぎてたまりまへん。

抱っこしても、こわーい顔のオス達よ、怒らないでね。

2018.07.05

夫婦脳

夫と衝突して「もう、まめやから出てやる!」なんて思っていた私に、友人が薦めてくれた本。

 

『夫婦脳』黒川伊保子著

IMG_3819

腹にすとんと落ちました。なーんだ、夫婦ってそういうことだったのか。怒りも憤りも吹き消され、クスッと笑ってしまいました。これ、ほんと!

 

この本は、脳科学者の著者が、男女の脳の違いをわかりやすくユーモラスに書いた一冊。

 

男女は脳が違うから、感じ方も見方も違うし、言動も違う。でも、それは生存のために備わった素晴らしい能力。それを知れば、今まで理解し難かった夫の言動が尊重でき、咎められ自己嫌悪に陥っていた自分に自信をもつことができるようになる。違う能力をもつ夫婦は最強の相手、と思えるようになる。

 

仲良い夫婦も、そうでない夫婦も、一読の価値あります。著者の言葉を借りるなら、”まるでオセロゲームの終盤に、黒いコマが一斉に白に転じるように、二人の関係が違って見えてくるはず”です。

 

皆に広めたくて3冊も購入してしまいました。まめやで貸し出しします。ぜひ夫婦で手に取ってくださいね。

2018.07.04

キジの卵

近所の友人が、キジの卵を見つけた。
食べようかどうしようか迷ったけど、
我が家のニワトリちゃんの卵と一緒にあたためてもらうことに。

ニワトリの卵に囲まれたキジの卵。
みにくいアヒルの子みたいだ。
IMG_3705

ところが、この後、重みでニワトリの卵が3個割れてしまった。キジの卵も、本当は2個あったのだけれど、1個は割れてしまったのだ。

卵が無事に孵るというのは、とても難しいことなんだ。

IMG_3812

しかも、日に日に温めるメスの数が増えて、今では3羽のメスが、こんな狭いところにギュウギュウになって座っている。3羽のメスで、3個の卵+キジの卵1個。おいおい、ちょっと過保護じゃないか?卵の上にのってないし、、と思うけれど、卵を見ると一緒に温めたくなるのがニワトリの習性なんだそうだ。

 

それにしても、温めている間は、ほぼ絶食。

子孫を残すための献身的な母の姿に感動するのである。

 

 

2018.06.26

味噌作り②

一晩寝かせて、さらに花が咲いたメロンパン味噌玉。

IMG_3721

さぁ、味噌を仕込もう。

今日は、久しぶりに家族全員がそろった。嬉しいなぁ。

IMG_3736

IMG_3751

IMG_3757

 

IMG_3788

「違うねーこうやってやるんだよ」と隣のおばちゃんが登場。

なるほど!全然手つきが違います。

IMG_3790

塩を混ぜて、桶に投げ込む。カビ防止に”南蛮”を敷き詰めて完成!

 

最後に長男の一言。

「味噌味っていうけど、塩なんだね。」
そのとおり!

2018.06.23

味噌作り

さぁ、やっと、味噌作り。

ドッシャブリの中で。

IMG_3708

何度も吹きこぼれて、豆煮るの下手クソまめや妻です。

IMG_3712

ポイントは、豆を、やわらか〜く煮ること。

手で軽くつぶれるくらい。ここまで煮ると、三歳の三男坊でも頑張ればつぶせる。部活帰りの長男には、高速で回して良い筋トレ。

 

飴色になった汁は、「アメ」と言って、昔は体を洗ったりするのに使ったそう。髪を洗うとスベスベになるんだって。

IMG_3715

そして、一番大変なのが、この味噌玉作り。

上は丸くして、下は少しくぼませる。

「メロンパン」って呼んでます。

IMG_3718

美しい!

明日には、メロンパンがもう一度花を咲かせるはず。

2018.06.22

甘酒

味噌用に仕込んだ麹。
どんどん固まって花が咲く様子は、お見事!

IMG_3692

さぁ、味噌に。

いや、その前に。実はこれが一番作りたかった!

IMG_3690

甘酒!

10時間寝かせて、あま〜くなりました。

できたてほやほやの甘酒を、朝グビッと一杯。

あ〜幸せ。

IMG_3694

ぼくもだいすきなんだ。あじゃまけ。

2018.06.19

麹作り

今年も味噌を仕込むための、麹作りが始まった。
去年は、隣のおばあちゃんに手取り足取り教わったけれど、今年は一人。うまくできるかな〜。

IMG_3658

いや、うまくできなかったのである。藁の湿し具合、藁のかける量、熱の広げ方など、細かい作業を間違えた。深夜2時に起きて頑張って麹を広げたのに、「そりゃぁ、ちと早かったね」なんていうことにもなり。隣のおばあちゃんに見てもらってやり直さなければ、危うく全部オジャンだった。

IMG_3667

「やっぱり長年の経験で身についた”勘”ってやつが、必要だねぇ」と、おばあちゃん。カッコいいです。そんな人間になりたいです。

IMG_3678

2018.06.18

居酒屋バージョンまめや

先週土曜日は、伊那の街中でキャンドルナイトのイベント。

店主の大好きな、”居酒屋バージョンまめや” 開店しました!

豆腐と揚げのお料理と、お酒の提供に熱が入ります。

 

IMG_3656

IMG_3657

筍と蕗の信田巻き。

山椒の実がプチっと弾けると初夏の香りが広がります。

そして、夜空に響くジャズの音色。

街の魅力に酔いしれた夜でした。

2018.06.05

続:ふわふわパンでサンドウィッチ

ふわふわパンでサンドウィッチの夢がついえた長男、
今度は、地粉の袋の裏を、じーっと見て、言い出した。
「うどん作りたい」

IMG_3640

え?今から?時計を見たら、もうすぐお昼の時間。

しょうがないなぁ。待つこと2時間。

IMG_3639
できたできた。
ちゃんと、うどんみたいじゃん!
モチモチで弾力あり、美味しい。

その上に、削りたての鰹節が泳いでる。
粉まみれだけど満面の笑みの長男。

ふわふわパンでサンドウィッチの屈辱は、半分くらい果たせた模様だ。

 


 

なんとなんと、この後、前回のブログを読んでくださったお客様から、ぜひ長男にサンドウィッチを食べさせてあげて、とパンが届いたのである。念願の、ふわふわパンでサンドウィッチ!レタスもハムも買ってあげましたよ〜。

IMG_3644

美味しくて大好きな、東御市の”わざわざ”さんの食パン。

ふわふわだけど、しっとりもっちり、粉の味も香りも良い。

やっぱりプロの味は違うね〜とか言いながら、長男とガブつきました。屈辱8割、晴れたかな?!ごちそうさまでした!

2018.05.31

ふわふわパンでサンドウィッチ

長男、今日から中学校のキャンプ。
食パンを作って、サンドウィッチにして、お弁当に持って行きたいと、”パン焼き器”を出してきた。夜寝る前に、粉を入れてセット。

 

すると、朝5時半、「おかあさーーん」と悲鳴にも似た泣き声の電話が、工場に。泣きすぎて嗚咽、何を言っているか分からない。落ちつけ落ちつけ、となだめて、長男の言葉を待った。すると、

 

「ドライイーストを入れ忘れたよ〜〜〜!」
中1男子がそんなことで泣くか!寝る前に慌てて作るからだよ!と喉まで出そうになったが、ガマン。そりゃ、残念だったねぇ。憧れのふわふわパンでサンドウィッチの夢ははかなく消え去った。

 

しかし、パンは膨らまなかったが、夢は膨らみすぎて夢捨てきれず、短時間でできる”クイック機能”なるものがあったはず、と急いで泣きながら、レシピを探したようだ。そして再挑戦することに。出発まであと2時間。

 

すると、6時半、再び工場に電話が。

 

「”羽”を取り付け忘れたよ〜〜〜!」
パン焼き器に付ける羽(部品)がなくちゃ、こねられないよね。電話口で号泣する声が聞こえる。慌ててやったってうまくいかないよ、と言いたいのをぐっとガマン。そりゃ、残念だったねぇ。羽を途中からでも取り付けてみたら?

 

ここで、母やっと帰宅。台所は粉まみれ、長男はこの世の終わりの顔。どうも、途中で羽を付けてみたら、スタートに戻ってしまったらしい。ここでタイムオーバーの鐘が高らかになった。そして、泣く泣く(本当に泣いている)、おにぎりを作って持っていくことに。

 

「自分がバカすぎてもうやだ〜〜」と叫ぶ長男に、腹の中で大笑いの母。また作ったら?と言うと、「スライスチーズがあるときなんてないじゃん!ドライイーストだってないじゃん!ハム?そんなのいつも買ってくれないじゃん!レタスだって、もう旬じゃないかもじゃん!タルタルソースも作ったのに!今日しか、全ての材料が揃ってないんだよーー!」

 

確かに。3食米飯の我が家は、パンの材料なんて普段は買いません。でも、ここまで努力するなら、また買ってあげようかなって気になってます。いや、天然酵母起こして、山羊乳でチーズ作って、レタスも畑で育てればいいんじゃん?

 

そんな大騒ぎをしながらも、保育園の遠足に行く弟のために、長男が作ってくれた、お弁当。

IMG_3633

そして、長男が家を出て1時間後、パン焼き器が、ピッピッとなった。ふっくらしたパンが焼けていた。

IMG_3634

2018.05.29

子育ての時期②

子供が小さいうちに母が教えたいことの一つ。
“火を使えるようになること”

IMG_3629

今日は、小2の次男が、外でご飯を炊いてくれました。
昨日は、なかなか火が付かず、苦戦していましたが、
今日は一回で着火。
ナタ使いも慣れてきました。

IMG_3628

上手に炊けましたよ。

いつもと同じお米が、ふっくらもっちり炊けるから、火って不思議。

IMG_3631

6合が30分!かまどご飯って、実はお手軽なんです。

2018.05.24

子育ての時期

子育ての時期は、いっとき。
過ぎ去ろうとして初めて気づく。
「この子たちに、ちゃんと教えるべきことを教えたのだろうか」と。

 

長男長女が中学生になり、私から離れていくようになった。
「一緒に行こうよ」と言っても、「行かない」。
こんな時期はあっという間にくる。
だから、小さいうちを大切にしなきゃいけない。
小さいうちに、母として教えられることを教えなきゃ。
都会で育った私が、わざわざこんな田舎で子育てしている意味は、ここにある。

IMG_3545

だから、今日も、
下の3人の子供を連れて、フキ取り。
場所をちゃんと教える。料理の仕方も教える。
「お母さんがいなくなっても、ちゃんと生きていけるようにね。」
野生の動物が子供に狩りの仕方を教えるように、
これは本能なのかもしれない。

IMG_3565

「学校行く前に、フキの筋、一本でも剥いていってね」
そう言うと、面倒臭そうに、長男長女も剥いていく。
自分たちで手をかけた鍋いっぱいのフキの煮物を、
美味しい美味しいと言って家族皆で食べる、その時が母としての至福の時だ。

IMG_3566

母の目標は、あと一つ。
5人の子供たちが、”火を使えるようになること”。
外のかまどでご飯を炊こう。

 

 

2018.05.16

豆腐屋の青木さん③

“豆腐屋の青木さん、小学校の先生になるの巻 ③”

 

そう、まだ続いていたんです!
青木さんが豆腐作りを教えた、小学3年生たちが、
今日、工場見学に来てくれました。

IMG_3600

出来たての豆腐を食べたり、
薪をくべたり、厚揚げを一緒に揚げてみたり。
何にでも感動してくれる素直な子供たち。(先生も)

ちゃんと豆腐の作り方を覚えてくれています!
かわいいなぁ。

IMG_3603

たった7人の学級だからこそできる、こんな体験学習。
素晴らしい小学校です。

IMG_3606

上手に揚がりましたよ。

アツアツをハフハフ言いながら、頬張りました!

IMG_3611

2018.05.11

米粉、新発売

まめやのご近所、
「くわのみ農園みほちゃん」の米粉、新発売です!

 

もち粉、うるち粉、各800円/400g

IMG_3532

小麦粉の美味しさで定評のみほちゃん。
米粉も欲しいな〜ということで、
まめやのリクエストで、製粉してもらいました。
無農薬の米粉は、めったに手に入らないです。
草餅、天ぷら、パン、ホットケーキ、なんでも使えます。
ぜひお求めくださいね。

IMG_3536

今日は、久しぶりに「がんも」も揚げましたよ〜

IMG_3527

2018.05.07

草餅作り

GWといっても、この山村では、農作業に忙しい。朝早くからトラクターを動かす音が、あちこちで響く。田んぼに水が張って光り輝く。まめやは、農業者ではないけれど、お日様の下で野良仕事をしたり、野草を摘んだり。これぞ山村のGWだと思う。

 

最後の休日は、草餅つくり。今年は、よもぎが採れる時期が早い。

IMG_3503

ラオスの蒸し器を引っ張り出してきた。

IMG_3506

途中でひっくり返す。すかさず、つまみ食いの手が。

IMG_3509

よもぎがたっぷり入って、草の餅!

IMG_3516

“黒ごまきな粉”パウダーなるものを人から頂いたので、付けて食べてみる。美味しいけど、ま、ま、まっくろ!!

IMG_3526

2018.05.01

GWはお休みします。

GWは、ほとんどの卸先がお休みになってしまうため、営業をお休みさせていただきます。5/8(火)から、通常通り営業いたします。

2018.04.26

夫婦と子供

今日は14年目の結婚記念日。
夜思い立って二人で外食してきました。
子供5人はお留守番。
帰ってきたら、こんなプレゼントが。
父のアゴ、飛び出過ぎでしょう。

IMG_3431

私たち夫婦は、365日ほぼ24時間一緒にいて、おまけに同じ仕事をしているので、よく衝突します。でも、それでも飽きずに一緒にいるので、夫婦仲良しなのだと思います。「ありがとう」は言えますが、「ごめんね」がなかなか言えません。子供には、「”ごめんね”って言いなさい」ってよく言ってるくせに。自分の間違いを認め、相手を受け入れる、これ一番大事です。
 
そういえば、出かける前、長女と長男がケンカして険悪なムードだったな。でも、仲良く出かけていく夫婦を見て、仲直りをしたようです。子供にとって、人付き合いのお手本は、夫婦なのだ、と気づかされました。

2018.04.22

動物の共生

家に帰ると・・

ニワトリが、小屋から脱走して、庭を闊歩していた。 IMG_3415

おいおい、イヌたちにまた襲われるぞ、
と一瞬焦ったけれど、
ニワトリは余裕げ。
イヌたちは無関心。
 
いつの間に、ニワトリとイヌが共生するようになったのか。
少し前まで、敵同士だったのに。
動物を飼うっておもしろいです。

IMG_3417

こんな田舎暮らしが楽しくてたまらないです。

2018.04.20

世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ

IMG_3373
行きつけのガソリンスタンドに行ったら、そこのおじいちゃんが、「ぜひこれを読んでみて」と貸してくれました。とっても感動したので、自分で買いました。

 

『世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ』

 

公用車に乗らず、郊外の農園で奥さんと質素に暮らす、ウルグアイのムヒカ大統領。朝ニワトリにえさをやってから出勤するなんて、ステキ。3歳の三男は、「ニワトリちゃんの絵本」と呼んでいます。

IMG_3375
でも、中身は、ものすごく深い。

 

一部抜粋。
「世界の水不足や環境の悪化が、いまある危機の原因ではないのです。ほんとうの原因は、私たちが目指してきた幸せの中身にあるのです。見直さなければならないのは、わたしたち自身の生き方なのです。」

 

5人の子供たちに読んであげて、意味がわかったのは、中2の長女だけ。特にこの文章を理解したらしい。

 

「一個の電球は、1000時間以上使うと切れてしまいます、しかし、10万時間も20万時間ももつ電球もあるのです、しかし、そういうものをつくってはいけないのです。なぜなら、電球をどんどん売らないといけないからです。働いて、物を買い、使い捨てにする、そんな文明でなければいけないからです。このような悪循環に中に、わたしたちはいるのです。」
IMG_3376

なるほど〜。でも!

 

「スマホも持ちたいし、物もお金ももっと欲しい!みんなそうじゃなければいいのに、私だけ違うなんてできないよ!」と、長女は、叫んでいた。

 

オシャレ大好き、買い物大好き、文明大好きな、年頃の長女。でも、小さい頃から田舎で野草を摘んで食べ、ニワトリがうむ卵に感動する暮らしを経験している。どんな大人になって生きるでしょうか。

2018.04.15

卵かけごはん

小学校から帰ってくると「今日は卵産んでるかな!?」と、ニワトリ小屋に走る子供たち。
4羽のメスが、気まぐれに産んでくれてます。
だから「今日は産んでなかった・・・」とガッカリすることもしばしば。

IMG_3405

そうやって、やっと貯めた7個。
一人一個で、念願の卵かけごはんです!

IMG_3412

卵の殻が固すぎて、うまく割れないと次男が泣きました。黄身がプリップリで光ってます。田舎暮らしって面白いなぁって、つくづく思います。

2018.04.04

長男の入学式

お店をお休みして申し訳ありません。
 
今日は長男の入学式でした。親子そろって挨拶してきました。大役が終わって二人で胸をなでおろしています。ほっっ。

IMG_3392

肩をくっ付けると嫌がる年頃になりました。でも、まだまだ可愛くて、母さんはくっ付きます。

IMG_3398

家に帰ると、大発見!
「ニワトリが卵を産んでるーー!!!」

IMG_3399

初めての卵です。めでたい春です。

2018.04.02

4/3〜4/7までの営業について

今週は、三男の入園式と、次男の入学式があるため、変則的な営業になります。
 
4/3(火)・・・正午〜午後5時まで営業
4/4(水)・・・お休み
4/5(木)、4/6(金)・・・正午〜午後5時まで営業
4/7(土)・・・午前10時〜午後5時まで営業
 
※なお、夕方は、売切れ次第閉店となりますので、お早めのご来店をお勧め致します。
 
小学校の卒業式の保護者代表挨拶が終わったと思ったら、今度は、中学校の入学式の保護者代表挨拶が待ち受けています。原稿なしでスピーチできるよう、猛練習!豆腐作りながら、ブツブツ言っています。

2018.03.17

本日(3/17)はお休みします

本日は、長男の卒業式のため、お休みさせていただきます。
 
卒業おめでとうの気持ちより、保護者代表挨拶やら、謝恩会幹事やら、大役が待ち受けているため、緊張の嵐でございます。頑張りまーす。

2018.03.16

ニワトリを食す

庭で飼っていたニワトリ3羽を、絞めて食べました。

IMG_3330

家族全員で、命が絶つところを見ました。辛かったなぁ。胸がギュッと潰れそうでした。
 
長男は失神しそうでした。次女は怖くて逃げ出しました。でも、いつの間にか帰ってきて、羽をむしってくれました。世界中で、羽をむしるのは、子供の仕事だそうです。

IMG_3331

考えてみれば、世界中で、家畜を人間が殺して食べる日常が、”ない”国のほうが、少ないのかもしれない。私が旅したラオスの田舎では、庭にいたニワトリをお母さんがさばいてスープにしてくれた。たくさんの子供たちが、ニコニコ笑って見ていた。それが”日常”なんだ。

IMG_3338

我が家のニワトリが肉になり、食べる時、子供らが、「あの(殺された時の)顔を思い出しちゃうんだよなぁ。。」と辛そうに言った。確かに、子供にとっては、酷なことかもしれない。でも、私は逆に、あの顔が思い出せてよかったと思う。
 
スーパーに売られてる肉は、その顔すら想像することができない。きっと、もっと殺伐としていて、、モノのように扱われて、、想像しようとすると恐ろしい。我が家のニワトリが、大事に飼われて、見守られながら殺され、顔を思い出されながらお肉を食べられるなんて、もしかしたら、ものすごく幸せなニワトリなのかもしれない。
 
私たちは命をいただいて生きている。その命を感じながら、子供たちには生きてほしい。

—-

IMG_3353

この写真は、懐かしいラオスの市場での写真。正面左、豚の顔!机の上は、一頭丸ごとの豚の肉!まさに、命がむき出しのアジアの市場。

IMG_3354

これは魚!

2018.03.11

豆腐屋の青木さん②

“豆腐屋の青木さん、小学校の先生になるの巻②”
 
小学校に行ってきました!豆腐作り、大成功でした!

IMG_3349

ちゃんと四角くなったよ。豆腐屋さんみたいに、そーっと、水に放つ。

IMG_3350

うまい、うまいと、食べまくる子供たち。口のまわりに、たくさん豆腐がくっ付いてるよ。

IMG_3348

美味しい豆腐は、断面がつややかです。売り物みたい!
 
<子供達の感想から>
・こんなに長く豆乳を炊くとは思ってなかった。
・にがり打ちが楽しかった。
・豆腐からでた汁で作った味噌汁が美味しかった。
・できたての豆腐は美味しかった。
 
そして、<先生の感想>
・一つ一つがとても丁寧な作業で驚いた。
 
そうなんです。この感想こそ、私たち豆腐屋の真髄に迫る感想です。私たちは、効率からはかけ離れた、バカがつくほど丁寧な作り方をしています。それが一番美味しく、楽しいのです!
 
子供達にも、食べ物の本当の美味しさ、食べ物を作る楽しさを知ってもらえたらいいな。私たちも、こんなバカな豆腐屋でよかった。感動の一日でした!

2018.03.01

豆腐屋の青木さん

“豆腐屋の青木さん、小学校の先生になるの巻”
 
地元の小学校の2年生から「豆腐作りを教えてください」と電話をもらって、夫婦で行ってきました!

IMG_3325

“豆腐屋の青木さん”の発する一字一句に、「へぇ〜なるほどぉ〜知らなかった!」と驚きの声。なんて素直な生徒なんでしょう。可愛くてたまりません!
 
この豆腐作りの総合学習は、3本柱。
①まずは、教科書通りに豆腐を作ってみる。→うまくいかなかったので、青木さんを呼ぼう!
②青木さんに来てもらって、どこがいけなかったのか考えよう
③実際に、青木さんと一緒に豆腐を作ってみよう!
 
面白い授業ですね。昨日は②のところで行ってきました。

IMG_3327

「にがりの打ち方」の練習。水をぐるぐる、はい、にがり入れる、10時のとこまでまわす、4時まで戻して、、と、シャモジを時計の針に合わせてかき混ぜる。これが楽しくて一番盛り上がりました。
 
さぁ、今度一緒に作るのが、楽しみです!!

2018.02.22

まめや母がハマってる本

IMG_3320

毎日、台所で立ち読み、トイレで座り読みしてる。子供が背中にまとわりついても、読み続ける。
 
上橋菜穂子著
『精霊の守り人』シリーズ
 
面白すぎてたまらん。6巻目『蒼路の旅人』が読み終わり、これから7巻目『天と地の守り人』を求めて図書館にダッシュするところ。(実際は、仕事中なので行けないけど、、泣。)
 
児童書だからとか、ファンタジーだから、とかあなどっていましたが、人の生き様を考えさせられる深い本です。上橋菜穂子さんの情景の描き方は素晴らしい。天才だと思います。物語に心がすっと溶け込んできます。
 
豆腐を作り、本の異世界をさまよい、また豆腐を作る毎日。
さて、自分はどう生きるか。
 
ーーーーー

IMG_3321

結局、仕事を終え、夕方ダッシュして図書館でゲットした7巻〜9巻。駐車場までの道のりで、歩き読みしちゃうくらい面白い。

2018.02.17

だるま市終了

IMG_3312

去る2/11、高遠だるま市、盛況でした!この日だけは幸い天候が良く、暖かな陽気だったので、大勢の人で賑わいました。地元なので認知度が高く(当たり前か)、飛ぶように売れました。本当におかげさま。身近なたくさんの人に支えられていることを実感し、目頭熱くなりました。
 
高遠の商店街は、こういう古くから続く行事でけっこう盛り上がります。さくら祭り、だるま市、城下祭り、灯籠祭りなどがそうです。小さな商店街を歩くので、知り合いに会うことも多く、なんだか心地よい連帯感みたいなものが生まれます。今、ここで、私たちは生きてるんだ、というような。見上げれば、空も広い。山も守ってくれている。そこに昔はお城がそびえていた。本当にいい町です。高遠。

IMG_3311

2018.02.10

立春大吉豆腐終了。明日は、だるま市!

立春大吉豆腐販売が終了しましたが、ここで報告する間もなく、気がつけば、次の出店の準備に追われています。でも、買いに来てくださったたくさんのお客様に感謝の気持ちを込めて、少し書きますね。
 
今年は、新聞2紙に、上手に取り上げてくださったおかげで、たくさんのお客様にご来店いただきました。まさかのまさかで、販売開始前から行列が!もちろんテンパる私。。まったくもって手際の悪い私たちで、長い行列を見る度にドキマギし、、大変ご迷惑をおかけしました。来てくださった方々と、もっともっとお話がしたかったです。またぜひ、高遠のお店のほうにいらしてくださいね。

IMG_3309

写真を撮ろうと思った頃には、もうほとんど残ってなかった。。バイトの子かと思った、と言われた写真の少女は、長女(13)です。長男と一緒に朝4時起きして手伝ってくれました。

IMG_3310

さて、明日は、だるま市に出店します。今週は、8連チャンで作っています。まわりの人が、風邪やインフルでバタバタと倒れていますが、最後の砦のまめや一家です。このままかからないで冬を越す気持ちでいます。
 
油揚げの出来も、最高ですよ!ぜひ遊びにお越しくださいね。

IMG_3308

2/11(日) 高遠だるま市の詳細はこちら

2018.02.02

郵便屋さん

IMG_3305

咳をしている私に、いつもお世話になっている郵便屋さんが、「心配で…」と色々持ってきてくださった。ハチミツと黒酢の梅漬け、ゆず塩、お茶、ポスくまのマグカップ。
 
じーん。。
 
去年の今頃も、風邪をこじらせて寝込んでいたので、余計に心配してくれたらしい。なんて優しい郵便屋さんなのだろう。
 
私は、三義と長藤の郵便屋さんが大好きだ。ただモノを運ぶだけの運送屋さんとは違う。人と人との有機的なつながりがある。困ったことがあったら率直に話せるし、誠意をもって耳を傾けてくれる。そこには、利害関係よりも、人との信頼関係が先に立つ。
 
「昔はもっとゆるかったのよ〜。配達のお宅でお茶して談笑できたりしてね。今は厳しいよ。」とおっしゃる郵便屋さん。郵便屋さんは、本来、地域の御用聞きのような存在だったのかもしれない。だから、地域のことを一番よく知っていた。
 
厳しくなったといえど、まだまだゆる〜い郵便屋さん。うちの店で、買い物もしていってくれる。こんな素敵な郵便屋さんがいることも、ここの田舎暮らしのイイトコだな〜なんて思います。
 
さて、これ飲んで、明日は暗いうちから、立春大吉豆腐(てっちゃん大豆使用)製造。油揚げ厚揚げがんも、揚げまくります!!
 
立春大吉豆腐
販売日時 2月4日(日) 立春の日 正午〜17時
販売場所 いたや酒店さん店頭
 
無農薬大豆使用の木綿とうふ 1丁500円
青大豆ざる豆腐(天日塩付き) 1丁800円
その他、油揚げ、がんもなど

2018.02.01

立春大吉豆腐、予約締切ました

IMG_3304

新聞にも載せていただき、予想以上の反響に驚いています。掲載翌日にはご予約がいっぱいになり、締切らせていただきました。それでも、せっかくのご注文をお断りするわけにはいかない、、と製造量ギリギリまでご予約をお受けしていたら、当日販売分がとても少なくなってしまいました。。
 
お早めに来ていただきましたら、もしかしてあるかも??という感じです。ざる豆腐は、作ってみないと、正確な個数が分かりません。
 
油揚げや厚揚げも、販売します。金土限定「がんも」も、たくさん作る予定です。どうぞこの機会にお求めくださいね。
 
それでは、立春の日にお待ちしております!
 
立春大吉豆腐
販売日時 2月4日(日) 立春の日 正午〜17時
販売場所 いたや酒店さん店頭
 
無農薬大豆使用の木綿とうふ 1丁500円
青大豆ざる豆腐(天日塩付き) 1丁800円
その他、油揚げ、がんもなど

2018.01.19

立春大吉豆腐

IMG_3299

今年もやります、立春大吉豆腐!
 
販売日時 2月4日(日) 立春の日 正午〜17時
販売場所 いたや酒店さん店頭
 
無農薬大豆使用の木綿とうふ 1丁500円
青大豆ざる豆腐(天日塩付き) 1丁800円

 
今年の無農薬大豆は、まめやご近所の山村留学塾”フリーキッズビレッジ”で作られた大豆を使います。スタッフのてっちゃんが苦労して育ててきました。芽が出てすぐに鳩に食べられちゃって悔しい思いをしていたのも知っています。だから、豆腐にできて嬉しい。こういう大豆を扱ってこそ、豆腐屋になった意義があると思っています。
 
ぜひ今年も、立春の日には、まめやの立春大吉豆腐を食べて、一年健康にお過ごしくださいね。
 
例年、ご予約分でほぼ埋まってしまいますので、お早めのご予約をおすすめします。ご予約はこちらまで。
 
□ ご予約先
豆腐工房まめや
TEL/FAX : 0265-96-7710
Mail : mameya@ymail.plala.or.jp
 
いたや酒店
TEL : 0265-72-2331
 
ヒナタヤ
TEL : 0265-76-3178

IMG_3300

只今、てっちゃんが選別中。あと4日はかかるそうです。。

2018.01.11

本年も宜しくお願い申し上げます

IMG_3284

年賀状に使った写真です。送った方々に「新鮮な卵いいねー」と言われましたが、まだ卵産んでないです。こんなにデカイのに。はい。
 
産み始めるのは、生後一才になる今年の春頃から、と言われています。卵をバンバン産む用に改良されているニワトリじゃないので、成長がゆっくりなんだそうです。体の大きさは2倍くらいありますが。
 
最近やっと、オスが鳴くようになりました。でも、まだヘタクソです。しゃがれた声で「ゴォッゲゴォォー」と鳴きます。
 
鳴いたら最後、オスが何羽いるか分かっちゃいました。もらってきたヒナ9羽中、5羽がオスでした。さぁ、3羽のオスは食べちゃうぞ。
 
ーーー
 
年末年始の休みもあっという間に終わり、今週から作っています。すっかり寝坊するくせがついてしまい、早起きがしんどいです。昨日なんか、ニワトリの鳴き声で飛び起きました。だって、ニワトリが鳴くということは朝。朝といっても4時半なんだけれど。豆腐屋はもっと早いのです。3時半です。冷や汗がでました。雪の中、パジャマで猛ダッシュしました。さすがにチャリンコあきらめ、車で。ニワトリの鳴き声が遠くで響いていました。
 
とまぁ、こんなかんじで、ニワトリに助けられて新年が始まりました。本年は、ニワトリ年終わり、戌年ですが。我が家のイヌは、写真右奥で吠えております。
 
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2017.12.25

サンタの贈り物

クリスマスの朝、起きたら枕元に!

IMG_3293

え?お父さんとお母さんにもサンタがきた!?

IMG_3295

手紙は、どう見ても長女の字。習いたての英語。状況を把握できず目がテンになっていた私。だって、今、私からのプレゼントを開けて喜んでいる子供5人が、ここにいるのだから。
 
どうやら次女がお金を出し、お父さんとお母さんにも、サンタのプレゼントを用意してくれたらしい。
 
いつも穴だらけのボロボロの手袋をしている私。
本当は、もっとオシャレな手袋を買おうかなと、ちょうど思っていたところなんだけれど、こんな泣ける手袋くれたら買えましぇん。「通学通勤あったか婦人用」って書いてある少々カッコ悪いタグが付いてても、ありがたく使います。化繊で少々質が悪くても、これほどあったかい手袋はありません。お母サンタ、子供以上に喜んでしまいました。ありがとう。

 
年内の営業は、27日(水)までです。ご予約はお締め切らせていただきました。ご予約されてない方はどうぞお早めにご来店ください。年明けは、1月9日(火)からです。

2017.12.21

極寒の美味しいもの入荷

今朝の気温はマイナス6度。保育園の先生に言ったら、「だからだいぶ暖かいんだねぇ」と微笑んだ。「そうですねぇ。よかったですねぇ」と私も微笑む。
 
そんな会話が成り立つ、ここ極寒の奥高遠。最近続いたマイナス8、9度の世界に比べたら、今日は生ぬるい。

IMG_3286

そんな極寒の地で育った美味しい作物たち。今日は二つ入荷しました。どちらも農薬を使わず、手塩にかけて育てたものです。
 
★「くわのみ農園 みほちゃんの強力粉 」1キロ 600円
「完全粉(ふすま入り)」500g 300円
 
パン作りにどうぞ。粉の味がびっくりするほど美味しいです。
 
★「原農園 ちえさんの花豆」300g 300円
 
今年は長雨で不作です。とーっても貴重な花豆を分けてくださいました。ぜひお試しくださいね。

 
年内の営業は、27日(水)までです。大変混み合っていますので、ご予約はお早めに!年明けは、1月9日(火)からです。

2017.12.16

味噌カレー

IMG_3263

どっからどう見ても、カレー。
でも、市販のルーは使ってない。
自分で作った味噌のルーです。
これがとても手軽で美味しくて、超オススメです。
 
春庭農園さんから教わった自家製ルー。
味噌と菜種油と小麦粉とスパイス(クミン、コリアンダー、ターメリックなど)に、少量の水を混ぜて練ります。これがルー。このルーを、煮込んだ野菜に溶かし入れて、再び煮込む。最後に醤油と塩で味を整える。
 
え?と思うでしょ。私も最初聞いたとき、え?って思いました。でも、美味しいです。ちゃんとカレーになります。たくさん食べても全然もたれないです。鍋がギトギトにならないです。
 
ぜひお試しくださいね。白菜や大根も合うから、冬のカレーとしていいです。まめやの厚揚げを入れてもよし。我が家の子供たちは何杯でもお代わりします。

2017.12.14

ぬか床

IMG_3246

かれこれもう3年以上育てている「ぬか床」。
 
命の次に大事だと豪語して、「母ちゃんが死んだらお棺に一緒に入れてね」と子供らに言っている。
 
家出した時も抱えていった。島根からの引越しの時も大事にダンボールに入れて「ぬか床」と明記、遠路はるばる共に旅をした。
 
そのぬか床を、最近は、次女が育ててくれている。毎日かき混ぜて、美味しい人参を入れて、朝に夕に食卓に出してくれている。もしかしたら、お母さんのお棺じゃなくて、次女の嫁入り道具になるかも?とひそかにほくそ笑んでいる。これ以上の幸せはない。

IMG_3244

そして、このぬか床、「私もやりたいから分けて」と近所の友達に言われ、分けてあげることに。まるで分家したようだ。うちのぬか床から、新しいぬか床が生まれていくのが嬉しい。
 
かき混ぜる時は「くさいくさい」と言われるぬか床。
でも、漬かった野菜を食べる時は「美味しい美味しい」って言われるんだ。

IMG_3250

昔書いた4コマ。次女も、最近手がくさいと言っている。

2017.11.23

まめやの仕事と子供

暮らしの延長である”まめやの仕事”を、
もっと子供に伝えよう。
 
子供が大きくなり、手が離れてきたので、子供から離れて親だけで仕事をしてしまいがちだった。その方が楽なので。
 
でも、それは違う。私たちは何のために仕事をしているのか。
この仕事の意義、面白さを子供に伝えていこう。そこからきっと、子供が自分で生きていく力を見つけてくれるだろう。
 
今日は、学校がお休みだったので、「まめやの仕事を見においで」と言ったら、喜んで工場に来てくれた。まだ暗い朝5時半に、長男と次女が、走って。
 
次女は、豆腐の作り方をせっせと記していた。
長男は、揚げたての油揚げを食べて「う〜んまい!」と喜んでいた。
 
でも、一番喜んでいたのは、夫と私。
嬉しくて嬉しくて、何でもかんでも子供に教えたくて、「次はね、これはね、」と声を弾ませた。
 
今なぜまめやをやるのか。
もちろん自分のためでもある。
でも、多くは子供のためである。
母親は、いつも子供に照準を合わせて生きている。

IMG_2897

IMG_2901

2017.11.23

鰹節と鰹節削り

「親が子供に教える大事なことは、”暮らしの中に”ある」
竹下和男先生の講演会の言葉、しつこいくまだ頭に響いてます。
 
美味しい味噌汁を作るべく、美味しい”鰹節”と”鰹節削り”を買った。
 
毎日、長男が、ガリガリ…
そのまわりに、4人の子供らが集まります。
ちょっとつまみ食いして、出汁をとる。
(たくさんつまみ食いすると、母のカミナリが落ちます)
削りたての鰹節は、「とろける!」そうです。
 
料理をすることに手間を惜しまない。
それを子供に教えることが親の役割。
忙しい毎日ですが、何が大事なことか、見極めていきたいです。

IMG_2890

IMG_2896

2017.11.13

柿採り

「親が子供に教える大事なことは、”暮らしの中に”ある」
竹下和男先生の講演会での言葉を胸に。
 
「宿題が…」という中1長女を無理矢理、駆り出し、皆で渋柿採りに。

IMG_2839

近所のおじいさんが、成っている柿を全て採ってくれました。80歳には見えません!達者すぎてカッコ良いいです!

IMG_2851

おじいさんにお菓子をいっぱいいただきました。

IMG_2843

近所の子も一緒に。

IMG_2849

ほら、来てよかったでしょ。
宿題してるより有意義だったでしょ。

IMG_2853

夜は、せっせと皮むき。

IMG_2860

長さ競争盛り上がってます。

2017.11.11

講演会と子育て

竹下和男氏の講演会「お弁当の日から考える子育て」を小学校で聴いた日の夜。
 
7才の次男が、すすんで台所に立った。
それを見て、3才の三男が、包丁をもってカブを切った。
「もっとこう切るんだよ」と12才の長男が三男に教えてあげていた。
「味噌汁の味噌はこのくらい入れるんだよ」と10才の次女が次男に教えてあげていた。
 
そして、私も子供への言葉が変わった。「あなたたちのために、教えてあげるね」と笑顔で言えるようになった。
 
長男「今、お母さんがいなくなったら、子供5人で生きていけるかなぁ?」
子供たち「いける!いける!」
 
母親が子供に教えること、それはこのことに尽きるのだろう。
 
講演会では、小学5年生で、両親を亡くした女の子が、妹と弟と3人で生きていく話がでてくる。その女の子は、すでに母親から家事の全てを教わっていたから、親戚の家に行くという話を断り、自分でその道を選んだ。最初は自分が一人で家事をしていたけれど、しだいに、兄弟全員でやるようになった。大人になり、竹下氏の講演会を偶然聴いた彼女は、講演会の後、竹下氏のところに駆け寄り、泣きながらこう話をしたそうだ。「辛かったのは、幼くして親が亡くなったことでも、家事でも弟妹の面倒でもない。私が辛かったのは、”親がいなくてかわいそうな子供”、と見るまわりの大人の目線だった。私は、”かわいそうな子供”じゃない。そう言ってくれたのは、竹下先生だけです。」彼女達は、今、子供ができ、子育てを楽しみ、幸せな家庭を築いているという。
 
不幸なのは、家事や暮らしのことよりも、個人の自由(勉強、部活、習い事など)を優先して育てられた子供が、大人になり、子供ができた時に、「子供を育てたくない。家事をしたくない。自分のことを優先したい。」という親になってしまうこと。
 
竹下氏は、小学生にこう質問した。「この中で、親よりも早く起きて、家族全員のご飯と味噌汁を作れる、という子供は、手をあげてください」これに手を挙げたのは、全校60人のうち、4人。そのうち2人が、我が長男と次女。何万回も講演をしている中で、全校100人中1人いるかいないか、だと言う。だから、ここはとても優秀な学校だという。でも、竹下氏はこうもおっしゃる。「手を挙げなかった子供達は、それが当たり前だと思っているでしょう。でも、違うんです。手を挙げた子供が、当たり前なんです。」と。
 
きっと世界的に見ても、子供は家族の仕事をするのが当たり前。一番早く起きて、かまどに火をつけるのは、子供の仕事だったり、お風呂を焚くのは子供の仕事だったりするわけだ。少し前の日本だって、ずーっとそうだったのだ。そうやって、子育てや家事が脈々と受け継がれてきた。
 
竹下氏は、たくさんのおばあちゃん達の前でも話をしたそうだ。「この中で、親から家事の全てを教わった人はいますか」と聞くと、100%うなづくという。でも、「それを娘に受け継ぎましたか」と聞くと、うなづく人はたった3%になるそうだ。子供を家事から解放させたい、良い教育をと、勝ち組になるよう育ててきた時代だった。その結果どうなったでしょう、と投げかける。
 
親が子供に教える大事なことは、暮らしの中にある。
 
写真は、先週の土曜日、カンビオさんに試食販売に行く日の朝。親よりも早く起きて、長男と次女が作ってくれたお弁当。家族7人分。

IMG_2813

2017.11.03

11/3、11/4お休みします

本日(11/3)は、地区の文化祭のため、お休みさせていただきます。
 
Iターンが増えて子供が多い、ここ三義の文化祭は、とってもにぎやか。今日は、保育園、小学生、お母さんズ、三義音楽隊、、といろんな顔になりきって、ステージ発表してきます!
 
明日(11/4)も、お休みさせていただきます。
 
岡谷市のオーガニックマーケット「カンビオ」さんで、試食販売をしてきます。”秋市”同時開催で、賑わいますよ。ぜひお越しくださいませ!

2017.10.29

IMG_2797

今日、次女(10才)の誕生日に選んだ本。
『精霊の守り人』上橋菜穂子著
 
我が子5人の誕生日プレゼントは本、と決めている。あげても読んでくれない本もあるけれど、いつかどこかで出会って世界を広げてくれればいいと願って、母は懲りずに本を贈り続けている。
 
上橋菜穂子は、『獣の操者』があまりに面白かったので、これも絶対面白い。ファンタジーだけど、どこか牧歌的な懐かしい匂いのするアジアの先住民族的世界が、私は大好きで、惹き込まれるのだ。
 
そして、山本一力著の新刊を発見!!
『べんけい飛脚』
衝動買いしてしまった。自分用に。私は、山本一力の『かんじき飛脚』が大好きだ。だから、この本を見た時、ワクワクが止まらなかった。
 
これからしばらくは、豆腐屋しながら、畑仕事しながら、母親しながら、心は江戸の飛脚になるであろう。

IMG_2793

2017.10.28

イベント目白押し

IMG_2776

昨日(10/27)は、山梨の“有機村祭り”で試食販売をしてきました。
 
勇気を出して、「お豆腐いかがですか〜」と声をかけると「あら、どこの豆腐屋さん?」「長野の山奥から来ました!」「へぇ〜。あら、お豆腐美味しいわね。」なんていう、お客さんの嬉しい声がいっぱい聞けました。有機村さんは、スタッフもとても優しく、扱う商品も人らしい暮らしを大切にした温かみあるものばかり。
 
通常は、隔週金曜日に、まめやのお豆腐が店頭に並びます。お近くの方はぜひお立ち寄りくださいね。

— –
そして、今日(10/28)は、伊那まちの”呑み歩きの会”。

IMG_2779

雨なのに、賑やかですね〜。さびれかけていた田舎の商店街とは思えない。どうも県外からもいらっしゃるようです。オシャレなお店も増えて、どんどん活性化している伊那の商店街です。スバラシイ!!

IMG_2783

2017.10.24

畑と豆腐屋

IMG_2769

忙しくてなかなか畑に行けない。日が沈んで夕闇の中、目を凝らしながら葉物を間引いた。ここは、耕さず肥料も入れない畑。ちゃんとできるか半信半疑だったけど、こんなに色艶が良く美味しい野菜ができた。カブが感動的に甘い。
 
豆腐屋として、
油揚げが上手に揚げられた時も嬉しいけれど、
豆腐がたくさん売れた時も嬉しいけれど、
やっぱり、
自分で育てた野菜を収穫できた時が、
一番嬉しい。
 
土に近い豆腐屋でありたいです。

2017.10.20

10/21(土)はお休み

明日10/21(土)は、お休みさせていただきます。

中1長女のバレーの新人戦、小6長男と小1次男の野球の親子試合に、夫と私で手分けして行きます。子供が大きくなり、それぞれ別々のことを始めると、本当に大変。。

IMG_2764

今日もがんもデー。揚げ終わった時に、ちょうど友人が来店。揚げたてがんもに、ホクホクしてくれました。

IMG_2767

友人がパチリ。

2017.10.13

金・土 がんもの日

IMG_2756

がんも達が、みんなに食べてもらいたくて、いい子で並んで待っております。
 
今週も、金土がんもの日。今日は、今までで一番ふっくら柔らかく揚がりました。フライパンでカリッと焼いて、お醤油を垂らして、アッツアツで頬張ると最高ですよ。

2017.10.10

名古屋遠征

再開して一年が経ったまめや。ありがたいことに沢山のご縁ができました。でも、家族7人が暮らしていくには、もうちっと頑張らねば。ということで、日曜日、名古屋まで営業に行ってまいりました。子供5人は留守番。カレーとサンドウィッチを残して。

IMG_2750

私たちは、お弁当をもって。なんか貧乏旅行っぽくていいです。でも、お弁当の中身は、夜中の3時起きして店主が作った車麩のカツなんぞが入ってます。豆腐製造がないくせに、つい早起きしてしまうのが豆腐屋のサガですね。つい美味しいものを作っちゃうのも。
 
そして、また良いご縁に恵まれ、2件のお店でのお取り扱いが決まりました。

・「BIO Mart&Kitchen」さん (愛知県名古屋市)
・「より純正で安全な商品の専門店 和楽」さん(愛知県一宮市)

どちらも、店主のお人柄が滲み出る素敵なお店です。ただのモノの取引ではなく、作り手と買い手の信頼関係を大切にされています。お近くの方はぜひ、お立ち寄りくださいね。

2017.10.06

がんも本日復活

IMG_2744

金・土限定 「まめやのがんも」40g×2個 280円(税抜)
 
本日、復活です。いつもは、豆腐を作っている夫の横で、私が一人で揚げ物を揚げていますが、今日は夫婦で協働作業。
 
いつもの油揚げと勝手が違うため、火加減が難しい。3年前までがんもを揚げてきた夫に、「薪入れすぎ!もういれるな!」と叱咤されながら揚げる。油揚げは、夫にも負けない技術を身につけた自信があるのだけれど、やっぱり経験値が浅いので、応用が効かない。夫に「短絡的だなー」と言われても、ぐうの音もでない。
 
まだまだ精進が必要です。でも、今日のがんもは、ピカイチです。以前より大きめ、価格も少し高くしました。ふんわりジューシーながんもですよ。

IMG_2738

揚げる前の生地。おまんじゅうみたい。

IMG_2740

低温でじっくり。だんだんシワシワになってきます。

2017.10.03

がんもの試作②

IMG_2729

10/2は「とうふの日」でした。
 
まめやは、この日に開業したので、9周年。(2年間サボってますが。)

9周年 に合わせて、がんもを発売する予定です。
今朝は試作。でも、ちょっと失敗。低温のかまどの温度が少し高かったせいか、伸びとツヤが悪いなぁ。がんもは、油揚げより繊細なようです。もっと丁寧な仕事して、美味しいがんも作るぞ〜!

IMG_2728

元になる生地。豆腐をつぶして野菜をいれて練って丸める。気が遠くなるほど手間がかかるけど、手をかけただけの美味しさがある。小6の長男は、一口食べて「懐かし味がする!」と叫んだ。そう、3年前まで、まめやの定番商品でした。

IMG_2727

2017.09.28

豆乳栗クリーム

IMG_2719

豆乳栗クリーム。
 
これは絶対牛乳のほうが美味しいでしょ、と思ってた豆腐屋の私。でも、牛乳は買いに行かなきゃないので、しぶしぶ豆乳でやることに。
 
お、おいしい!!!
 
①栗を茹でてほじくる。
②豆乳に粗精糖を加えて温めて、溶かす。
③ ①に②を入れて、ミキサーでクリームにする。
 
豆乳と粗精糖と栗の絶妙なマッチングに、豆腐屋の私もびっくりです。美味しくて止まりません。ぜひ作ってみて下さいね。
 
※ 豆乳は、容器を持ってきてくだされば、100mlあたり54円で、量り売りできます。

——

IMG_2669

※”くわのみ農園”みほちゃんの小麦粉、好評発売中!
中力粉 1キロ 600円
石臼挽き全粒粉 500g 300円
豆腐と一緒に発送もいたします。

2017.09.26

豆乳栗ポタージュ

IMG_2711

栗の季節です。
豆乳栗ポタージュ作ってみました。和風で滋味深いです。
美味しくて美味しくて、顔がほころんでしまいました。
 
①栗を茹でてほじくる。(ちょー面倒臭いけど、ガンバル。)
②豆乳を入れながら、ミキサーでクリームにする。
③鍋に油をしき、玉ねぎとニンニクを炒める。
④昆布だし汁を入れる。
⑤火が通ったら、ミキサーでつぶす。
⑥ ②を入れて、とろ火でかき混ぜる。
⑦塩で味を整え、火を止める。(沸騰させない)
 
旬のブロッコリーを入れても美味しいですよ。

——

IMG_2669

※”くわのみ農園”みほちゃんの小麦粉、好評発売中!
中力粉 1キロ 600円
石臼挽き全粒粉 500g 300円
豆腐と一緒に発送もいたします。

2017.09.23

愛すること信ずること 三浦綾子 講談社文庫

IMG_2696

またまたおすすめ本。読書の秋です。
 
この本は、私たち夫婦のバイブルともいえる本。結婚の時に、夫の上司から贈られ、以来、危機に瀕した時に読み返し、救われています。その度に、はっと襟元正され、改心しています。おかげでまた夫婦仲が良くなります。
 
実は、この本、うちの界隈で流行りつつあります。「私も読みたい」とどんどん広がっています。つまり、冷戦状態の夫婦の多いこと!笑。子供何人いたって、夫婦は赤の他人なんだから、ヤバくなるときは容赦無くヤバくなります。だから、みんなこの本読んで、仲良し夫婦になってくれたらと思います。
 
本はまめやにあります。うちもヤバイという方、貸し出ししますよ。笑。
 
ただし、三浦綾子はクリスチャンだからそんな綺麗事いえるのよ、というへそ曲がりさんは、読んでも変わりません。藁をもすがる思いで手に取る方なら、きっと心に響きます。あと、危機に瀕してない夫婦にもたぶん響かないです。笑。

2017.09.22

母 三浦綾子 角川文庫

IMG_2656

久々の小説、読み終えました。あぁ、胸が張り裂けそうです。
 
この小説は、「小林多喜二」の母セキに、三浦綾子がなりきって、思い出話を語っています。「小林多喜二」は、『蟹工船』という小説で有名になりましたが、昭和初期の政府の言論弾圧によって殺された小説家です。(恥ずかしながら名前を暗記しただけだった)
 
家族思いで心根の優しい多喜二が、なぜ殺されなければならなかったか。それは、貧乏のどん底に暮らす人を救いたかったから。人が人らしく生きる社会を望んだから。でも、それはこの時代の政府に歯向かうことだった。
 
多喜二の母セキの言葉が頭から離れない。
 
「わだしは、この世の理屈はわかんない。多喜二がどんなことを考えていたか、よくわかんない。けど、死ぬまで家族の生活費のことば心配してくれた多喜二が、身売りの少女を財産はたいて救ってやった多喜二が、あんなにむごたらしい死に方をしなければなからないほど悪党だとは、どうしても思えない。」と母セキは語る。
 
そう、理屈ではない。人はみな、母の腹から産まれてくる。だから、母は、人を殺してはいけないと本能的にわかっている。
 
どうかこの時代に逆戻りしないよう、母の声を聞いてくれ、と願うばかり。母はいつの時代も、平和を望んでいます。

2017.09.17

小学校の運動会

IMG_2674

昨日は、小学校の運動会。
 
豆腐屋のお弁当といえば、お稲荷さんにきまってる。油揚げを半分に切って中を開いて煮る。すると、みるみる大きくなるんです。油揚げは煮ると想像以上に大きくなるので、とってもお得感アリです。小さめの油揚げでも十分大きなお稲荷さんになります。
 
お隣さんは、お稲荷さんに酷似してるけど、コロッケ。私が丸め夫が溶き粉をつけ、私がパン粉をつける。「運動会の前夜、子供が寝静まってから、こうやって夫婦でコロッケ作ってるうちなんてないよね〜」なんて話しながら。
 
それにしても、どの段も、茶と赤と黄と緑色です。

——

IMG_2669

※”くわのみ農園”みほちゃんの小麦粉、好評発売中!
中力粉 1キロ 600円
石臼挽き全粒粉 500g 300円
豆腐と一緒に発送もいたします。

2017.09.14

みほちゃんの小麦粉、入荷

IMG_2669

近所に住む、”くわのみ農園”のみほちゃんの小麦粉が、入荷しました!
 
無農薬、無化学肥料で育てた小麦粉です。粉なんて他のと違うのか?違います。市販されている最もポピュラーな小麦粉は、外国産で農薬だけじゃなくポストハーベストもすごく、粉に虫が寄りつかないといいます。地粉という、地元の小麦粉も、やっぱり農薬は使っているので、とっても安心とは言いきれません。
 
だから、みほちゃんの小麦粉、絶対オススメです。いい土作りしてます。元気な小麦です。だから、粉の味が美味しいです。ふすまが混ざってる全粒粉を少しまぜて使うと、香ばしく、栄養価も高いです。私は、これでおからパンケーキを焼こうと思ってます。秋なすが美味しい季節なので、おやきもいいですね。
 
他ではなかなかないです、こんな小麦粉。豆腐と一緒に発送もしますよ。ぜひお試しください。
 
中力粉 1キロ 600円
石臼挽き全粒粉 500g 300円

IMG_2665

9/16(土)は、小学校の運動会のため、お休みさせていただきます。

2017.09.11

薪と暮らし

IMG_2652

こんなにこんなに割っても、薪ストーブの分がない。
今年の冬も、灯油ストーブであきらめる。
 
薪の良さを知っているはずの私たちが、暮らしは灯油。
そのギャップが、苦しかった。もがいていた。
でも、今はいいんだ、これで。
焦らず肩の力を抜いて。
今できることの中で、暮らしを楽しもう。
夢を抱きながら。

2017.09.06

がんもの試作

IMG_2641

まめや懐かしの「がんも」の試作。
 
豆腐をつぶし、野菜を入れて練り、丸めて、二度揚げする。ものすごく手間がかかります。でも、2年ぶりに作り、感慨深いです。
 
「がんも美味しかったよね、また食べたいよ」とよくお客さんから懐かしがられますが、一番強く思っているのは、私たちです。いつかまたお店に並べよう。でも、今度は、続けられる方法で。価格、大きさ、売り方、夫婦で練っています。お楽しみに!

IMG_2642

IMG_2643

2017.08.31

長野日報にて

IMG_2629

また恥ずかしいですが、、
8/31付、長野日報に載ってます。
伊那市立図書館でオススメの本を展示してる、という記事です。
 
さりげなく、この記事で、近所に住む友人、 盛尚貴さんが出版した『つながるお産』という本も紹介してます。(近いうちに尚貴さん自身が長野日報に登場する予定)
 
また、同じく近所に住む友人、 “よっさん”こと横山 晴樹さんが題材になっている『はたらく動物と』という本も紹介してます。
 
こんな素晴らしい友人のいる我が村三義(みよし)は、私の誇りです。どちらの本も、図書館にあります。世界観広がる本ですよ。ぜひ読んでみて下さいね。

IMG_2435

盛尚貴さんの本

IMG_2436

よっさんが載ってる本。表紙も。

2017.08.24

伊那市立図書館にて

長期の夏季休業ありがとうございました。結局イレギュラーの予定が立て続けに入り、やりたいことの半分もできませんでしたが(笑)。
 
昨日から、まめやは通常通り、営業しています。
 
さて、伊那市立図書館では、只今、私のオススメ本が展示されています。ちょっと恥ずかしいけど、お知らせしちゃいます。

IMG_2615

写真正面の「かんじき飛脚」(山本一力著)は、追っ手に命を狙われながら重要な文書を届ける飛脚の話。かんじき一つで進む飛脚、カッコ良すぎです。胸が高鳴りページをめくる手が震えたのを覚えています。
 
「あかね空」(山本一力著)は、江戸時代の豆腐屋の人情話です。泣けます。昔の人はカッコ良いです。手に職もってます。自然のものから身の回りの全てを自分で作ってます。こんな時代小説ばかり読んでたから、こんな古くさいやり方で豆腐屋始めようって思ったんだなぁと、今、しみじみ思い返しています。
 
その他、私の原点ともなった本の数々が展示されています。おまけに、天下の司馬遼太郎と並んで、まめつぶこ拙著4コマ漫画なんかも…。恐れ多いっす。2ヶ月ほど展示予定だそうです。のぞいてみてくださいね。

2017.08.10

夏季休業

<夏季休業のお知らせ>
8/11(金)〜8/21(月)

 
今年は思い切って長めにお休みをします。だからと言って、大きなイベントがあるわけでも、遠出するわけではありません。明日は、長男の野球の試合を見に行きます。一度も行ったことがなかったので。一泊は、近くの河原でキャンプをします。図書館にも行きたいなぁ。薪割りもじゃんじゃんするぞ。それからそれから、家族でゆっくりご飯を食べるんだ。
 
そんなかんじで、フツーに過ごします。でも、とっても楽しみです。リフレッシュしてまた豆腐を作れますように。
 
どうぞよろしくお願いいたします。

2017.08.08

きゅうちゃん漬け

IMG_2544

忙しい合間に、きゅうりのきゅうちゃん漬け。
 
「まだ作らないの?」と子供たちに言われ続け、やっとできた。これは、子供たちの大好物。
 
寝る前に作ったので、子供たちは、早く食べたくて、朝起きるときゅうちゃん漬けを探す。「冷蔵庫だよ」と言うと、競い合って冷蔵庫に行き、「私が出す」「いや、ボクが」と、誰が冷蔵庫から出すかで揉める。そして、「お前今つまみ食いしただろ」「いや、お前だろ」と、誰が先につまみ食いしたかで揉める。たかがきゅうちゃん漬けで、朝から大変な騒ぎです。そんなきゅうちゃん漬け作れて母は本望です。
 
このきゅうちゃん漬けは、市販のみたいに、コリコリ歯ごたえ抜群です。以下、島根のおばあちゃんから教わった作り方。きゅうりがたくさんあったら、ぜひ!
 
①きゅうりを薄く切って塩もみする。
②水がでたら手で絞って、ネットに入れて「洗濯機(二層式)の脱水機」で脱水!!
 
※ここがポイント。脱水機で完全に水気を飛ばすと、コリコリになるのだ!脱水機汚いからヤダなんて言ってられんです。コリコリきゅうちゃんのためです。脱水機に食べ物入れたって死にゃせんです。でも、二層式の洗濯機じゃないとできないですね。
 
③醤油、みりん、(好みで砂糖)を煮立たせて、②のきゅうりを入れて、ざっとかき混ぜ、火を止める。昆布、生姜、唐辛子はお好みで。

2017.08.08

揚げピザ

IMG_2540

今日は、油揚げピザ。
 
フライパンに、油揚げをしいて、しめじ、ピーマン、トマト、バジル、チーズをのせて、塩こしょうして焼き焼き。
 
フタをして焼いたから、色が悪いのが難点、、
でも、なかなかイケる。
油揚げは、意外にもトマト、バジルと合います。

2017.08.04

揚げサンド

IMG_2507

あー暑い。ご飯作るのめんどー。今夜もあれにすっか。
 
といって、夏になると我が家はいつもこれ。子供も「毎日これでいい」と言ってるので、おかげさま。
 
まめやの油揚げは、半分に切って、切り口に包丁で切れ目を入れると、手で簡単に開けます。それをフライパンで焼いて、夏野菜を詰めるだけ。で、井上醤油とごまらぁ油をかけてガブリ。
 
今日は油揚げがたくさんあります。どうぞご来店ください〜。

IMG_2508

IMG_2509

※なお、明日(8/5)は、都合により午後1時頃までの営業になります。ご了承くださいませ。

2017.08.03

夏休み

夏休み。お昼になると、店に電話がかかってくる。
「お母さ〜ん、ご飯だよ〜」

IMG_2505

今日のお昼ご飯は、長男作の鹿肉チャーハン。カレー風味が食欲をそそる。ここまでは驚かない。驚いたのは、鹿肉がミンチになってること。確か冷蔵庫にはブロックで入ってた。こういうのを嬉々としてするあたり、長男らしい。(父親似か?)
 
夏休みに入ると、子供たちが家事をやってくれるから、母は仕事が減る。さっさと店に行き、まめやの仕事ができる。
 
昨日は、長女が店に電話をしてきた。「友達と遊びに行きたいんだけど、お金がないんだよ!ちょうだい!」と言うから、「今、直ちに、店に来て仕事手伝ってくれたら、お小遣いあげるよ」と言った。そしたら、猛ダッシュでチャリンコでやってきた。「おっそいなー。もう仕事半分になっちゃったから、お小遣い2円ね」
 
と、こんな調子の夏休み。けっこう面白い。

IMG_2503

2017.08.03

厚揚げ

IMG_2469

油揚げの陰に隠れて、控えめな存在の厚揚げ。でも、「どうしても厚揚げが欲しいんです。油揚げじゃだめなんです」と言って厚揚げを買いにくるお客さんもいる。
 
厚揚げは、高温で一度揚げるだけなので、温度調節は油揚げほど大変じゃない。でも、けっこう繊細なとこもある。油揚げと同じ120度じゃ高すぎる。ちょい低めの118度くらいがいい。んで、生地を入れると115まで下がるのがいい。それより下がってしまうと表面が白っぽくなる。逆に高いままだと、表面がゴツゴツして硬くなってしまう。こう見えてもけっこう繊細なやつなんだ。
 
今日は、繊細な厚揚げの気持ちをちゃんと汲み取り、上手に揚げられました。

IMG_2470

油揚げもガッツポーズ揚げ!

IMG_2468

厚揚げ2つ入り 259円
油揚げ一枚 97円

2017.07.28

7/29(土)はお休み

明日、7/29(土)は、長男の学校行事のため、お休みさせていただきます。長男の小学校最後の親子行事で、学校でキャンプをします。
 
ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願いいたします。

2017.07.26

ガッツポーズ揚げ

今日の油揚げは、最高の出来です。ふっくら大きいです。

IMG_2447

今使っている薪のくせが、ようやくわかってきた。(もう何ヶ月も使ってますが…) 湿り具合がどれくらいで、かまどに入れるとどれくらいで温度が上がってくるか。またはどのくらいで温度が下がるか。そんなことがやっと分かってきて、薪との相性が良くなってきた。
 
肝心なのは、”低温”の火加減。これも分かってきた。油揚げは、低温と高温で、2度揚げする。でも、特に大事なのは、低温のほう。115度で入れて、118度くらいに上がってきたら、高温にうつす。で、また次の生地を入れる。入れると115度に下がる。また118度に上がる。高温にうつす。これを5回繰り返す。今日は、薪と仲良くなれたので、5回とも、予測通りに、温度計が動いてくれた。思わずガッツポーズ。
 
今日のガッツポーズ揚げは、
岡谷市のカンビオさん、島根県出雲市の素然さん
大阪市のフェアトレードショップ achaさんのところへ旅立っていきました。ぜひご賞味くださいませ!

IMG_2452

2017.07.22

“つながるお産” 盛尚貴 著 幻冬社

IMG_2435

近所の友人が出版した本。素晴らしいです。
 
4回の自然分娩の経験から学んだ、安産のための知恵がぎっしり詰まっています。私も5回経験していますが、頷けることばかりです。世の中にお産の本や雑誌は星の数ほどありますが、これほどまでに、真摯にお産と向き合い、母親、家族、周りの全ての人が幸せになることを願って書かれた本は他にないと思います。
 
この本は、安産のための実践テクニック本ですが、それだけに留まらず、母親とお腹の赤ちゃんの、神秘的なつながりが書いてあります。科学では解明できない、この神がかった母子のつながりが、産まれた後のその子の人格形成に、最も影響を与え、最も深い根っことなるのです。
 
私も、4番目と5番目の子を見ていて、思うところがあります。2人とも同じように、大らかに伸びやかに育てている。誰からも溢れんばかりの愛情を受けている。それなのに、2人の性格は意外なほど違う。天真爛漫で素直な4番目に対して、どこか不安定で、あまのじゃく的で、「やだやだ」が多い5番目。お母さんよりもお姉ちゃんが好きと言う時がある。(ついでに、1番目も似た傾向がある。)
 
これはどうしてなんだろう?と心にずっとモヤモヤと抱いていた。それが、この友人の本を読んで確信した。やっぱり、私の妊娠中の精神状態が影響してるんだ。
 
3年前、まめやを挫折し、休業、島根への移住、新しい仕事、、そんな私の人生の中で最も不安定な時期に、お腹にいた5番目だった。シュタイナー論を教える友達いわく、”33歳の長いトンネルの中にいる時期”。いつの間にか、長いトンネルから抜け出て、愛息子の可愛さが大きすぎて忘れていたけれど、そういえば、妊娠中、「こんな泣いてばかりいる妊婦から、どんな子が産まれて来るんだろう」とよく思ったんだった。
 
この卑屈さは、あの時の私の卑屈さなんだ。屈託無く笑う5番目の笑顔の奥に時々見せるその影に、私は自分の妊娠期を見る。でも、今の私にできること、それは、産まれてきてくれた5番目と今を幸せに笑顔で生きること。
 
だから、本当に、妊娠中は大事。この本を読んで、妊娠中を大事に過ごせる妊婦が増えるといい。また、家族や周りの人も、この本を読んで、妊婦の幸せを支えられますように。そして、お産を通じて、皆が幸せになれますように。

2017.07.21

薪割り

IMG_2441

このクソ暑い中、ひたすら薪割り。
これが、笑っちゃうほど楽しい。
 
だって、丸太を一割りするごとに、未来への安心感が生まれていくから。これでずっと豆腐が作れる、油揚げが揚げられる、極寒の冬を越せる、そんな安心感が。
 
おかげさまで、豆腐屋なのによく日焼けしてます。

2017.07.20

豆腐屋の息子

朝、出来てのおからを、ニワトリ達にあげる三男坊。

IMG_2426

あ!

IMG_2427

ボクも食べてる。うまいうまい、と食べてる。

IMG_2428

うまいから持って帰る。
 
やっぱり豆腐屋の息子!

2017.07.19

まめや at 土ころ

IMG_2418

土ころさんでの様子を書こう書こうと思いながら、日が経ってしまいました。予想以上に多くのお客さんが来てくださり、バタバタと大忙しでした。あ、忙しかったのは、ランチ担当の夫のほうで、試食販売担当の私は、お客さんとペチャクチャおしゃべりしてただけ。そう、私はおしゃべりに忙しかったのでした。

IMG_2434

まめや店主が作った豆腐ランチは、こんなかんじ。(慌てて厨房で撮ってます。実際は、風情ある木のテーブルの上で、もっとステキでしたよ。) 豆腐ステーキ、油揚げのマリネ、パンに付ける豆腐ディップなどなど。それにしても、オレンジ色のカンゾウの花をお皿に飾るため、前日に次女に摘みに行かせているあたり、豆腐屋のわりにコジャレてますよね。
 
私も、普段はプラスチックの使い捨てカップで試食をお出しするのですが、土ころさんでは、コジャレた陶器でお出ししました。おしゃべりに忙しくて、一枚も写真を撮ってないのが残念であります。
 
土ころさんでは、隔週金曜日着で、まめやの豆腐を共同購入してくださっています。まだまだメンバー募集してます。興味ある方は、お気軽にお問い合わせくださいませ。土ころさんのブログはこちら。

2017.07.15

本日は土ころにて販売&ランチ

今週は、店主が久々に熱を出して寝込み、臨時休業してしまいました。ご予約くださったお客様、ご迷惑をおかけして大変申し訳ありませんでした。二日間寝続け、ようやく復活しました。
 
本日は、駒ヶ根東伊那の自家製酵母パン屋「土ころ」さんにて、豆腐のランチを作ります。試食販売もします。どうぞお越しくださいませ!!(告知が遅くなりスミマセン…)

IMG_2414

※まめや店舗はお休みさせていただきます。

2017.07.07

有機村祭り

最近、動物ネタばかりでお前は豆腐屋じゃなかったか?って思われそうですが、ちゃんと朝3時半に起きて作ってますよ。仕事もちゃんとしてます。
 
今日は、山梨県甲府市の”有機村さん”にて、試食販売してきました。
車の外気温計38度!?猛暑にも耐え、夫婦仲良く頑張りました。記念にパチリ。あれ?店主、日頃の疲れで居眠り。

IMG_2381

IMG_2382

めでたく完売。でも、何より嬉しかったのは、「いつもブログ読んでます!うちもニワトリ飼おうかなぁって思っちゃいました!」と若いお母さんが来てくださったこと。かわいいかわいい2歳の坊やを抱っこさせてもらい、初対面とは思えないほど話が盛り上がってしまいました。
 
いつもどこかで誰かが読んでくれているこのブログ、姿が見えないのでほぼ自己満足で書いてますが、こんな自己満足でバーチャルな営みが、ある日突然リアルで堅実な人間関係を生み出すなんて、嬉しすぎますね。これを励みに頑張って書きます!笑

2017.07.06

ニワトリ小屋

IMG_2340

やっと、ここまでできたニワトリ小屋。えらい苦労しました。ハウスに全面網張って、周りにはブロック埋め込んであります。
 
これから、側面に板貼って、雨よけ作って、、と作業は続きますが、とりあえず、狭いヒヨコ小屋から、この広い小屋に移って、ニワトリ達、飛んで喜んでます。
 
↓これが、今までのヒヨコ小屋。もらいもの。ほんとに精巧にできてますね〜。

IMG_2325

それにしても、この作業で痛感したこと。それは自分がつくづく無能だということ。ここまでくるのに、多くの人の助けを借りました。「ハウス立てられないーやって!」「この金具、どうやって使うの!?」「ドアが閉まんないよー」「ブロックどっかになーい?」etc…といった具合に、私一人では、なーーーんにもできないじゃないか!ちょっと情けなくなりました。
 
だから、傍でテスト勉強に躍起になってる長女(中1)に、「テストの点数とるよりも、こういう小屋を作れるような大人になりなさい」と教え諭す母でありました。

2017.07.01

鹿の足

夕方家に帰ると、玄関に、鹿の四つ足が置かれていた!
急いで近所の友人に連絡し、闇の中で一緒にさばく…
 
あぁ、山の恵みは突然やってくるものです。さっと対応できる術を身につけたいものです。まずは、友人のように小刀を常備する、だな。

IMG_2336

2017.06.25

ネジ

IMG_2314

ネジが取れたまま強引に使っていたビーバー。
 
機械オンチな私は、どのネジが合うのか分からず、とりあえずビーバー持ってホームセンターに訪れた。
 
「ここに合うネジ欲しいんですけど」
「ネジがなくっちゃ、どのネジが合うか分かりませんねぇ。箱に入ってるので試せませんし。」と、店員さんに言われ、素人が素人に相談してるようで埒あかない。涙。
 
救いの手を求めて、伊那商店街の”ウチヤマ金物店”さんへ。
 
すると、一瞬で、「はい、ネジ留めておいたよ」
さすが、ウチヤマさん!
 
ウチヤマさんとネジが黄金に光り輝いて見えました。
機械オンチな私には、やっぱり専門の金物屋さんが必要です。

2017.06.21

犬のこと③

IMG_2155

ついに、我が犬(アメ)の去勢手術をし、犬歯を切った。本能から遠ざけるために。
 
アメが動物を追いかけるようになったのは、裏山に散歩に行くようになってからだ。綱をぶっち切って鹿や猿や猪を追いかけるようになった。始め、その姿は、生命力が満ちあふれ、物凄く輝いて見えた。本能ってすごいと思った。そう、こういう犬を飼いたかったんだ。
 
ところが、事態は急に暗転してしまった。ある日、綱がはずれた隙に、近所の山羊のところに行き、嚙み殺そうとしてしまったのだ。さらには、近所の小型犬への攻撃。本能に戻ることの恐ろしさがここにあったのだ。
 
“より自然で、山とともに”という飼い方は絵空事にすぎなかった。人と暮らす以上、それは危険なことなんだ。アメにとっての一番の喜びが、”本能のまま獲物を獲ること”のみになってしまった今、ストレスが過重にかかり、危険な精神状態になっているとヨーコさんは言う。アメも悲鳴をあげていたんだ。
 
だから、人為的に本能から遠ざけようと決めた。それが去勢。山には連れていかない。生肉を与えない。鎖を離さない。ストレスのはけ口を他に作る。
 
ヨーコさんが言う。「山に散歩に行きたかったら、和犬は飼っちゃダメ。人から離れてしまうから。洋犬(牧羊犬)じゃないと。」
 
皮肉にも、本能が山で生きる和犬を選んだために、山と本能から遠ざけなければならない結末になってしまった。私の知識と経験のなさ故に。神様はどう思うだろうか。

2017.06.20

犬のこと②

だんだんと犬のことが分かってきている。
そうか、他の動物に噛みつく我が犬が、人には絶対噛みつかないのは、この人のおかげなんだ。

IMG_2288

2017.06.20

犬のこと①

IMG_2089

保護された犬をもらってきて4年になる。なかなか上手にしつけができず、散歩の時は力いっぱい引っ張る。近所のヤギを襲ったり、つい先日は、近所の小さい犬に噛み付いてしまった。引き離すのに必死になったあの壮絶な瞬間を思い出すと、鳥肌が立つほど恐ろしく、また胸がきしきし痛む。これからどう飼ったらよいか分からず、途方に暮れていた。
 
でも、暗くなるばかりでは何も解決しない。長谷の動物のプロ、ヨーコさんに来てもらった。
 
「ちょっと散歩してみて」と言われ、いつも通りしてみた。
「いつもそうやって散歩してるの?」
「うん。」
「まず散歩の仕方が全然違うよ。」
 
それからが目からうろこだった。犬は人より前に出ないこと。人に意識がない散歩はダメってこと。全てが人主導だということを教えなきゃいけないってこと。
 
それは、犬にとって不幸なことではなくて、人が主人になることで、犬が嬉しいって思えばいい。そうでないと、犬は本能のまま行動して人とは暮らせないと。
 
まずヨーコさんが、散歩してみる。あれ?全然引っ張らない。ヨーコさんの横を従順にゆっくり歩く我が犬に、びっくり仰天。私もやってみた。あれ?上手に歩けてる。こんな我が犬、初めて見る。笑っちゃうくらい、いい子になってる。
 
人が変われば犬も変わる。そうヨーコさんは言う。動物から教わることは大きい。

IMG_2263

2017.06.20

味噌作り

やっと味噌の仕込み完了。麹作り3日間、味噌仕込み3日間、合計6日間もかかった。
 
こんなに手間をかけたの初めて。作り方を教わったのも初めて。今までいかにいい加減に作っていたかが分かった…。

IMG_2258

2日かけて煮た豆をつぶして、味噌玉にして、1日寝かせる。

IMG_2266

見事!再び麹の花が咲く。

IMG_2268

豆を煮た汁「アメ」を入れながら、もう一度つぶす。「アメ」で、昔は髪の毛を洗ったらしい。

IMG_2278

丸めて打ち付ける。さすが、野球のスナップがきいてる。

IMG_2282

唐辛子を上にふりかけると、カビ防止、味も良くなるらしい。なんでもおばあちゃんに倣って、「食べるのも3年後」!

2017.06.16

6/17(土)お休みします/キャンドルナイト出店

明日の夜は、”いなまちのキャンドルナイト”に出店します。(主催のワイルドツリーさんのページ)
ろうそくの灯りの中でジャズを聴きながら、豆腐や揚げが食べられます。飲食ブースも多く、にぎやかな夜になりそうですよ。ぜひ!
 
昼間は準備のため、店舗販売をお休みさせていただきます。どうぞご了承ください。

2017.06.16

ボクは

ボクは、どうも父ちゃんの小さい頃にそっくりらしい。
ボクも、りっぱな豆腐屋さんになれるかな。

IMG_2221

IMG_2224

IMG_2225

2017.06.15

麹作り③

麹ができた!上等!
「陽気が涼しいもんで、ちーっと時間かかったね。生き物だから。」

IMG_2241

2017.06.15

麹作り②

麹作り2日目。
 
「まだ、ぬくとくならんかいなぁ。」何度も来てはそう言って帰っていく隣のおばあちゃん。おばあちゃんの予想では、仕込んで24時間後くらいに熱がくる。でも、夕方5時になっても7時になっても、まだ熱がこない。「こりゃ、9時だな」
 
パジャマに着替え、私の方がウトウトしかかっていた頃、おばあちゃんが来てくれた。ようやく熱が起こり始めた。麹の甘い香りもしてきた。パジャマ姿のみんなで「半ぎれ」の中の麹を、3枚の浅い舟に移し替えた。
 
あーこれで安らかに寝られる。…と思ったけれど、枕元にある麹が気がかりすぎて、麹が失敗した夢を見てしまった。泣。
 

麹作り3日目。

IMG_2230

朝起きて見ると、白くなってる!!おばあちゃん!!!
まるで孫の誕生を待ちわびてた祖母と曽祖母だ。正夢にならなくてよかった。あとは、夕方まで赤ん坊をそっとしておくらしい。

IMG_2234

2017.06.15

麹作り①

麹作り1日目。(豆腐屋の合間で。なんて忙しいんだろう)

IMG_2201

かつて何度も失敗したために、今はもう嫌になっちゃって、味噌を作る時は、麹を買っていた。でも、やっぱり作れるようになりたい。聞けば、今の家の隣のおばあちゃんが、麹作りの名人だという。そこで、おばあちゃんに手取り足取り教わりながら、麹作りを始めた。

IMG_2208

ポイント① 麹作りの時期は梅雨がいい。加温しなくていいし、適度に湿度がある。
ポイント② 最初は小さめの桶に仕込む。「半ぎれ」という、桶を半分に切ったような短い桶が倉庫に眠っていたので、出してきた。こういう道具、今作ろうったってできない。財産だなぁ。
ポイント③ 藁を熱湯で濡らしてかけておく。「何よりも藁が一番いいんだ」とおばあちゃん。

IMG_2205

でも、古米だったせいか、なかなか米が柔らかくならない。浸け時間もっと長くすればよかったかもね、とおばあちゃん。
 
「でも、ぐるりは、柔らかくなってるから大丈夫だよ」
「ぐるりって???」
「まわりってことだよ。」
おばあちゃんとの会話もおもしろいです。

IMG_2206

2017.06.13

将棋の県大会(団体戦)

IMG_2191

昨日は、次男率いる”チームやまざる”が、奇跡の「将棋の県大会(団体戦)」に出場してきました。
 
県大会の”け”の字も分からない、どう見てもよわっちい最年少チーム。でも、高遠北小の名を背負い、おそろいの藍染Tシャツで、やる気だけは、さる以上。

IMG_2182

結果は、また奇跡が起こって、一勝できたやまざる1。負けちゃって泣いたやまざる2。テレビのインタビュー受けて「好きなプロ騎士は?」に、「家族以外いません」って応えてました。笑。そして、初戦で負けて泣いたけど2勝できた、やまざる3。プロ棋士とも対局できました。チームとしては案の定敗退しましたが、良い経験。井の中のやまざる?、大海を知りました。

IMG_2184

脳みそをヒト並みに使った後は、公園でピクニック。あーやっぱ、やまざる、自然に帰って楽しそう。

IMG_2195

IMG_2194

2017.06.08

お店の横

お店の横の駐車場スペースに、ステキな花壇を作りたい。
という夢があったが、やっぱり手が回らない。おまけに2年間休業していた間に、ミント、ミント、ミント、、ミントの猛者が繁茂していた!
 
こうなったら潔くあきらめよう。やっぱり私の性分じゃ、花を愛でることはできない。野菜なら頑張れるんだけど。

IMG_2161

こうして、薪置き場になった。薪をしこたま割って積んだ。あぁ、このほうが性分に合ってる。美しい薪の壁にうっとり。

IMG_2162

あ、それでもミントが顔を出している。負けないわよ、と言っている。

2017.06.07

豆腐作り体験

IMG_2139

「ゼロから始める岡谷みそ」の皆さんが、自分たちで育てた豆で、”豆腐作り体験”に来られました。

IMG_2138

はい、マッチで火付けられるかな。そこから始まります。薪で炊くのはもちろん、マッチで火をつける経験も今ではあまりないですよね。

IMG_2145

豆乳ににがりを入れるワザは、代表のAiさんが挑戦。全員の期待がかかる、もの凄いプレッシャーの中、何度も水で練習して挑みました。そして見事、成功!ちゃんと豆腐になりましたよ。

IMG_2147

出来たてほやほや。あま〜い。おいし〜い。豆腐からでた汁も、めちゃくちゃ美味しいです。この後、この汁で味噌汁を作りました。
 
やっぱり手作りは楽しいです。参加者の皆さんが、豆腐作りの工程一つ一つに感動してくださり、楽しんでくださり、(参加者の子供たちが、この山里で遊んでいってくれたことも含めて)、普段私たち豆腐屋にとって当たり前のことが、再び新鮮な喜びとして体に戻ってきました。
 
あぁ、この土地で、このやり方で、豆腐屋になってよかった!

2017.06.01

お弁当の日

今日は、末っ子の遠足でお弁当。こういう日に限って、朝、工場でハプニングが生じるんだな。
 
ただでさえ豆腐屋は朝が忙しいのに、お弁当なんて作れない。だから、上の子たちは、自分で作る。でも、末っ子はまだ2歳。私だってたまにはお弁当を作ってあげたい。だから、今日は気合い入れて早めに揚げて帰って、、、と思っていたのに、薪の燃えが悪くて、なかなか揚がらない!3時半に火をつけたのにもう7時!
 
急きょ、家に電話をして、次女に作ってもらうことに。お弁当といえばコレ、といつも決まっているので、手際がいい。卵焼きもウィンナーもベーコンのアスパラ巻きも、我が家ではお弁当にしか登場しないくらいのごちそうなんだ。
 
出来上がったごちそうを前に、大喜びの末っ子。「食べていーのー?」パクッ。「あーダメー!まだだよ!」取り上げると「わーーん」大泣き。遠足ってなにか分かってないんです。笑

IMG_2128

だから、ボクは、食べたいのを我慢してお弁当をもっている。早く行きたいから靴も片っぽでいい。

2017.05.28

憲法ミュージカル

IMG_2123

市民がつくる憲法ミュージカル「キジムナー」。次女の同級生母子が出演するというので、次女と見に行ってきました。初めての、東京二人旅。
 
このミュージカルは、出演する全員が、素人の一般市民。とは思えないほど上手で、迫真の演技だった。何よりも、このミュージカルを通して伝えたい彼らの熱い燃えるような思いが、じんじん伝わってきて、涙がとめどなく溢れ出た。
 
これは、沖縄の問題を取り上げている。残酷な場面もたくさん出てくる。沖縄戦で、家族が「集団自決」に追いやられる場面。「小刀持ってるよ」と小さな息子の差し出す小刀で、父親が家族全員を殺していった場面。「お前は天皇と家族とどっちが大事なんだ」と詰問され、父親が首をはねられる場面。恐ろしいのは、それらが皆、日本軍の手によってなされた事実だということ。しかし、いつの間にか、教科書から、「日本軍の関与による集団自決」という記述がなくなったこと。
 
そして、戦後72年経った今、再び、72年前と同じことが繰り返されようとしている。辺野古基地の建設が始まった。オスプレイ配備。共謀罪の可決。一億年前から沖縄に住んでいるといわれる木の精霊「キジムナー」が、警笛を鳴らしている。
 
沖縄問題。私は知っているようで知らない。「本土からは沖縄が見えない。でも、沖縄からは、日本がよく見える」という。そのとおりだと思う。
 
沖縄の叫びを、全国の名もなき市民が代弁し、美しい歌声とともに伝えるこのミュージカル。長野からわざわざ行く価値のあるものだった。家族全員に、友人たちに、どうか見てもらいたい。もし来年もやるようだったら、駆けつけるつもりです。

2017.05.25

油揚げ

今週は、油揚げ製造マシーンになってます。じゃんじゃん揚げてます。そして我が家の分がないくらい売ってます。
 
でも、やっぱり食べたい。あのお方と一緒に煮たら、どんなに美味しいかと、毎日想像してうっとりしていた。そう、あのお方。夕方急いで採ってきて、寝る前にスジとって茹でて、油揚げの端っこ入れて、やっとできました。
 
フキと油揚げの煮物。最高に美味しいです。爪が真っ黒ですが。

IMG_2114

2017.05.25

街のお店へ

IMG_2112

今週は卸先からのご注文が多く、めいっぱい作ることになりました。
 
発送前に、手を合わせて拝まずにはいられません。「たくさんのご注文ありがとうございます。」と心を込めて。
 
まめやよりも、もっと宣伝が上手で、もっと売るのが上手な小売店さんが、まめやの代わりに、豆腐や揚げをたくさん売ってくださいます。それらは決してスーパーなどの大きなお店ではなく、個人経営の小さなお店が多いです。販売に熱心で、生産者に良心的で、気持ちよくお付き合いできるお店ばかりです。
 
下の写真は、東京の「味穂」さんという自然食品店さんへ。両腕で抱えきれないほどの大きなダンボールに、ぎっしり入れて送ります。これが到着して瞬く間に売り切れるというから、たまげたもんです。弱小の山奥の豆腐屋からすると信じられない神業です。
 
山奥の豆腐屋を支えてくれる、街のお店の存在。街の方角向いて拝まずにはいられません。

2017.05.19

5/20(土)お休みします

明日5/20(土)は、お休みさせていただきます。
 
先週は、お客さんが少なく豆腐がだいぶ余ってしまいました。それで、今週は少なめに作ったのです。そうしたら、今週はお客さんが多く、、豆腐が今日の時点でもう売り切れ。明日(土曜日)は豆腐を作らないので、お店で販売する分がなくなってしまったのです。申し訳ありません。なかなか予測どおりにいかないものです。
 
さて、来週はどうなるか。ご来店くださる場合には、なるべく早くご予約くださると、その分を見込めて仕込みができるので、ありがたいです。
 
今日は早く売り切れてお店を閉めてしまったので、薪割り。やりだすと面白くて止まらないです。

IMG_2070

IMG_2071

2017.05.12

動物園にピクニック!

IMG_2025

連休中、一日だけ休みをとって、「動物園にピクニックにいこう!」と言い出した私。普段どこにも連れていってもらえない子供たちは、びっくりして目の玉が半分くらい落ちそうになった。
 
そして、行った先は、たった5キロ先の、動物をいっぱい飼っている友人ヨーコさんのところ。笑。しかも、私は走っていきましたよ!

IMG_2005

ヨーコさんのところは、本当に気持ちが良い。長谷の村が眼下に広がる丘のてっぺんで、動物が、自由にのびやかに幸せに暮らしています。まず、たくさんの犬がうじゃうじゃ出てきますが、ちゃんとしつけられているので、ただうろうろしているだけで何もしません。IMG_2003

犬、山羊、馬、鴨、鶏…。ライオンみたいにデカイ犬の寝床の後ろで、鶏が卵を温めています。ここなら天敵もこないと、分かっているんでしょうね。ヨーコさんにはすっかり慣れているので、見ている時でも卵を産むそうです。そして、そっと鴨の卵も入れちゃって、一緒にあっためてもらうんだとか。

IMG_2008

生後1ヶ月の鶏のヒナがいました。かわいすぎて、即決。飼うことに決めました。10羽お持ち帰り。

IMG_2017

ピヨピヨピヨピヨ。

IMG_2015

ピヨピヨピヨピヨ。一日中ピヨピヨいってます。

IMG_2010

これで、我が家は、子ザル5匹、子犬2匹、鶏のヒナ10羽になりました。賑やかすぎて、我が家も、もはや動物園です。

2017.05.03

連休の営業について

もう連休入ってますが、笑。
 
今日来られたお客さんが、「ホームページ見てきた」とおっしゃったので、慌てて、連休中の営業日のお知らせをしています。
 
5/4 通常営業 正午〜午後5時
5/5 お休み
5/6 通常営業 午前10時〜午後5時
5/7 定休日
 
売り切れ次第閉店となりますので、お早めのご来店をおすすめいたします。

IMG_1982

道中の山々には山桜が咲いています。どうぞ美しい景色を眺めながら、のんびりゆっくりお越しくださいませ。

2017.04.28

1℃の違い

IMG_1972

たった1℃の違いなのに。
この大きさの違い。
悔しい。
 
低温のかまどの温度が120℃を超えた時、急に生地が伸びなくなる。119℃まではよかったのに。同じ大きさの生地が、1℃高くなっただけで、こんなに変わってしまう。
 
季節の変わり目の今、火の加減がとても難しい。暖かくなり、これまで通りの薪の量だと、すぐにかまどの温度が上がってしまうからだ。薪一本を足すか足さないか、抜くか抜かないか、擦り減るほど神経を使い、慎重に判断し、火加減を調節している。
 
たった1℃が致命的。たった一本の薪が、致命的。
 
今日はこの駆け引きに勝ったのか破れたのか、いらっしゃいませと出迎える、私の顔色でお察しあれ。

2017.04.22

タケノコご飯

島根の友人から届いたタケノコ。
私にとってタケノコといえば島根。
島根で大好きだったおばあちゃんと、山に入ってタケノコを山ほど掘ったあの日々が思い起こされる。楽しかったなぁ。

IMG_1958

早速タケノコご飯に。油揚げを大きめに切ってザクザク入れたら、なんと美味しいこと。油抜きも不要ですよ。タケノコと油揚げに当たると思わずニンマリしちゃいます。

IMG_1960

野球の試合に行く長男も、自分でタケノコご飯を作ってお弁当に詰めて出かけていった。お稲荷さんの中にも、タケノコご飯が詰まってるんだと。なかなか粋な弁当ですな。母は試合の健闘を祈るのみ。

IMG_1962