昔ながらのかまど炊きと手絞りで大事に豆腐をつくっています。

2018.07.31

竹ザルと「やまき」さん

IMG_3885

三日三晩の梅干し。

 

今年は、高遠商店街の「やまき」さんで、
竹ザルを新調した。

 

私は「やまき」さんが大好き。
漬物用のカメや樽など、季節のものが売ってる。
伊那まで出ないで買えるからありがたい。
レジのところで、ついでに洗濯バサミを買ったり、
子供のパンツのゴムがなかったな、とまた買い足したり。

 

「やまき」さんのおばさんとは、
「へぇ〜若いのに漬物するの〜」から始まり、
ぬか漬けや味噌作りの話で盛り上がる。
「わしは、3年目の焼酎漬けの梅を飲むのが、最近の楽しみ」とおじさんが目尻を下げながらお話してくださる。

 

こんなおしゃべりができるのが楽しい。
ただの物の売り買いではない。買い物の楽しさがある。
分からないことはなんでも聞ける。
小さなお店ならではの良さだなぁ。

 

ぜひ、「やまき」さんに、
いえ、「やまき」さんのおじさんおばさんに、
会いに行ってみてくださいね。

2018.07.24

暑い日には②

IMG_3850

暑くてとろけそうな薪の火で、

こんな涼しげな豆腐を作ってます。

 

豆腐屋になってよかったのか、悪かったのか。

作ってる時は暑くて「しんどいしんどい」と言ってますが、夕飯の食卓で冷や奴を口にした瞬間、「豆腐屋になってよかった!」と叫んでいます。いや、しんどいからこそ、喜びもひとしおなのかもしれません。

IMG_3873

こちらは、甘酒豆乳。

 

この夏、これが飲みたいから、麹をたくさん作りました。

麹も、外の炎天下のかまどの火で1時間もお米を蒸す、けっこう過酷な作業。あ、決してまめやの仕事ではありませんけど。ただの趣味です。でも、おかげで、3キロも麹ができて甘酒作り放題です。暑くてしんどくなったら甘酒飲んでます。

 

IMG_3875

まめやの豆乳で割ってもいいし、

IMG_3869

木次(きすき)乳業さんの牛乳で割ってもいい。

 

え?豆腐屋なのに、牛乳も売ってるのかって?

はい、売ってます。牛乳だって良質なものなら、時々飲むのがいいと思います。その方が心にも体にも良い栄養になると思っています。我が家は、木次牛乳大好き家族です!

IMG_3868

2018.07.19

暑い日には

ヤギ印さんのカレースパイスを使った、

カレーがおすすめ!

IMG_3842

ん?なんかレトロな写真になってしまった。

撮り直したいけれど、もう食べてしまった。

本当はもっとおいしそうで、おいしーいよ。

IMG_3844

ヤギ印さんのカレースパイスは、辛さが3種類ある。

スタンダード、キッズ、ホット。

 

我が家は、キッズです。ちょっとだけスパイシーで、子供も喜んで食べます。野菜や肉を炒めて水入れて(豆も入ると◎)、やわらかくなったら、カレースパイスと塩こしょうで味付け、ご飯にさらりとかける。コトコト煮込むカレーではなく、野菜は小さく切って軽く火を通して食べるかんじ。暑い夏に良いですよ。ルーの使った、脂ギトギトのカレーは、もはやお腹がもたれて食べられなくなってしまいました。

 

最後に、厚揚げをカレーに入れると美味しいです。

他の具材とは食感が違って、口に入ると嬉しいですよ。

 

 

2018.07.13

命になる

ニワトリの最後の卵とキジの卵は、孵化しないまま腐ってしまった。

IMG_3827
結局、6個の卵から産まれたのは、2羽。

と思ったら、1羽は、親に踏まれて死んでしまった。

IMG_3835
生き残った1羽のヒヨコ。
3羽のお母さんニワトリ。
超過保護の一人っ子。笑

IMG_3839

命になるって、やっぱり奇跡です。

2018.07.11

ヒヨコ

朝、いつものようにエサをあげにいくと、

ヒヨコが産まれていた!

IMG_3821
いつも食べてる卵が、ほんとに孵った。

それだけで神秘。

IMG_3826

まだキジの卵があるからね、とまたギュウギュウになって座るメス3羽。

IMG_3824

可愛すぎてたまりまへん。

抱っこしても、こわーい顔のオス達よ、怒らないでね。

2018.07.05

夫婦脳

夫と衝突して「もう、まめやから出てやる!」なんて思っていた私に、友人が薦めてくれた本。

 

『夫婦脳』黒川伊保子著

IMG_3819

腹にすとんと落ちました。なーんだ、夫婦ってそういうことだったのか。怒りも憤りも吹き消され、クスッと笑ってしまいました。これ、ほんと!

 

この本は、脳科学者の著者が、男女の脳の違いをわかりやすくユーモラスに書いた一冊。

 

男女は脳が違うから、感じ方も見方も違うし、言動も違う。でも、それは生存のために備わった素晴らしい能力。それを知れば、今まで理解し難かった夫の言動が尊重でき、咎められ自己嫌悪に陥っていた自分に自信をもつことができるようになる。違う能力をもつ夫婦は最強の相手、と思えるようになる。

 

仲良い夫婦も、そうでない夫婦も、一読の価値あります。著者の言葉を借りるなら、”まるでオセロゲームの終盤に、黒いコマが一斉に白に転じるように、二人の関係が違って見えてくるはず”です。

 

皆に広めたくて3冊も購入してしまいました。まめやで貸し出しします。ぜひ夫婦で手に取ってくださいね。

2018.07.04

キジの卵

近所の友人が、キジの卵を見つけた。
食べようかどうしようか迷ったけど、
我が家のニワトリちゃんの卵と一緒にあたためてもらうことに。

ニワトリの卵に囲まれたキジの卵。
みにくいアヒルの子みたいだ。
IMG_3705

ところが、この後、重みでニワトリの卵が3個割れてしまった。キジの卵も、本当は2個あったのだけれど、1個は割れてしまったのだ。

卵が無事に孵るというのは、とても難しいことなんだ。

IMG_3812

しかも、日に日に温めるメスの数が増えて、今では3羽のメスが、こんな狭いところにギュウギュウになって座っている。3羽のメスで、3個の卵+キジの卵1個。おいおい、ちょっと過保護じゃないか?卵の上にのってないし、、と思うけれど、卵を見ると一緒に温めたくなるのがニワトリの習性なんだそうだ。

 

それにしても、温めている間は、ほぼ絶食。

子孫を残すための献身的な母の姿に感動するのである。