昔ながらのかまど炊きと手絞りで大事に豆腐をつくっています。

2017.09.28

豆乳栗クリーム

IMG_2719

豆乳栗クリーム。
 
これは絶対牛乳のほうが美味しいでしょ、と思ってた豆腐屋の私。でも、牛乳は買いに行かなきゃないので、しぶしぶ豆乳でやることに。
 
お、おいしい!!!
 
①栗を茹でてほじくる。
②豆乳に粗精糖を加えて温めて、溶かす。
③ ①に②を入れて、ミキサーでクリームにする。
 
豆乳と粗精糖と栗の絶妙なマッチングに、豆腐屋の私もびっくりです。美味しくて止まりません。ぜひ作ってみて下さいね。
 
※ 豆乳は、容器を持ってきてくだされば、100mlあたり54円で、量り売りできます。

——

IMG_2669

※”くわのみ農園”みほちゃんの小麦粉、好評発売中!
中力粉 1キロ 600円
石臼挽き全粒粉 500g 300円
豆腐と一緒に発送もいたします。

2017.09.26

豆乳栗ポタージュ

IMG_2711

栗の季節です。
豆乳栗ポタージュ作ってみました。和風で滋味深いです。
美味しくて美味しくて、顔がほころんでしまいました。
 
①栗を茹でてほじくる。(ちょー面倒臭いけど、ガンバル。)
②豆乳を入れながら、ミキサーでクリームにする。
③鍋に油をしき、玉ねぎとニンニクを炒める。
④昆布だし汁を入れる。
⑤火が通ったら、ミキサーでつぶす。
⑥ ②を入れて、とろ火でかき混ぜる。
⑦塩で味を整え、火を止める。(沸騰させない)
 
旬のブロッコリーを入れても美味しいですよ。

——

IMG_2669

※”くわのみ農園”みほちゃんの小麦粉、好評発売中!
中力粉 1キロ 600円
石臼挽き全粒粉 500g 300円
豆腐と一緒に発送もいたします。

2017.09.23

愛すること信ずること 三浦綾子 講談社文庫

IMG_2696

またまたおすすめ本。読書の秋です。
 
この本は、私たち夫婦のバイブルともいえる本。結婚の時に、夫の上司から贈られ、以来、危機に瀕した時に読み返し、救われています。その度に、はっと襟元正され、改心しています。おかげでまた夫婦仲が良くなります。
 
実は、この本、うちの界隈で流行りつつあります。「私も読みたい」とどんどん広がっています。つまり、冷戦状態の夫婦の多いこと!笑。子供何人いたって、夫婦は赤の他人なんだから、ヤバくなるときは容赦無くヤバくなります。だから、みんなこの本読んで、仲良し夫婦になってくれたらと思います。
 
本はまめやにあります。うちもヤバイという方、貸し出ししますよ。笑。
 
ただし、三浦綾子はクリスチャンだからそんな綺麗事いえるのよ、というへそ曲がりさんは、読んでも変わりません。藁をもすがる思いで手に取る方なら、きっと心に響きます。あと、危機に瀕してない夫婦にもたぶん響かないです。笑。

2017.09.22

母 三浦綾子 角川文庫

IMG_2656

久々の小説、読み終えました。あぁ、胸が張り裂けそうです。
 
この小説は、「小林多喜二」の母セキに、三浦綾子がなりきって、思い出話を語っています。「小林多喜二」は、『蟹工船』という小説で有名になりましたが、昭和初期の政府の言論弾圧によって殺された小説家です。(恥ずかしながら名前を暗記しただけだった)
 
家族思いで心根の優しい多喜二が、なぜ殺されなければならなかったか。それは、貧乏のどん底に暮らす人を救いたかったから。人が人らしく生きる社会を望んだから。でも、それはこの時代の政府に歯向かうことだった。
 
多喜二の母セキの言葉が頭から離れない。
 
「わだしは、この世の理屈はわかんない。多喜二がどんなことを考えていたか、よくわかんない。けど、死ぬまで家族の生活費のことば心配してくれた多喜二が、身売りの少女を財産はたいて救ってやった多喜二が、あんなにむごたらしい死に方をしなければなからないほど悪党だとは、どうしても思えない。」と母セキは語る。
 
そう、理屈ではない。人はみな、母の腹から産まれてくる。だから、母は、人を殺してはいけないと本能的にわかっている。
 
どうかこの時代に逆戻りしないよう、母の声を聞いてくれ、と願うばかり。母はいつの時代も、平和を望んでいます。

2017.09.17

小学校の運動会

IMG_2674

昨日は、小学校の運動会。
 
豆腐屋のお弁当といえば、お稲荷さんにきまってる。油揚げを半分に切って中を開いて煮る。すると、みるみる大きくなるんです。油揚げは煮ると想像以上に大きくなるので、とってもお得感アリです。小さめの油揚げでも十分大きなお稲荷さんになります。
 
お隣さんは、お稲荷さんに酷似してるけど、コロッケ。私が丸め夫が溶き粉をつけ、私がパン粉をつける。「運動会の前夜、子供が寝静まってから、こうやって夫婦でコロッケ作ってるうちなんてないよね〜」なんて話しながら。
 
それにしても、どの段も、茶と赤と黄と緑色です。

——

IMG_2669

※”くわのみ農園”みほちゃんの小麦粉、好評発売中!
中力粉 1キロ 600円
石臼挽き全粒粉 500g 300円
豆腐と一緒に発送もいたします。

2017.09.14

みほちゃんの小麦粉、入荷

IMG_2669

近所に住む、”くわのみ農園”のみほちゃんの小麦粉が、入荷しました!
 
無農薬、無化学肥料で育てた小麦粉です。粉なんて他のと違うのか?違います。市販されている最もポピュラーな小麦粉は、外国産で農薬だけじゃなくポストハーベストもすごく、粉に虫が寄りつかないといいます。地粉という、地元の小麦粉も、やっぱり農薬は使っているので、とっても安心とは言いきれません。
 
だから、みほちゃんの小麦粉、絶対オススメです。いい土作りしてます。元気な小麦です。だから、粉の味が美味しいです。ふすまが混ざってる全粒粉を少しまぜて使うと、香ばしく、栄養価も高いです。私は、これでおからパンケーキを焼こうと思ってます。秋なすが美味しい季節なので、おやきもいいですね。
 
他ではなかなかないです、こんな小麦粉。豆腐と一緒に発送もしますよ。ぜひお試しください。
 
中力粉 1キロ 600円
石臼挽き全粒粉 500g 300円

IMG_2665

9/16(土)は、小学校の運動会のため、お休みさせていただきます。

2017.09.11

薪と暮らし

IMG_2652

こんなにこんなに割っても、薪ストーブの分がない。
今年の冬も、灯油ストーブであきらめる。
 
薪の良さを知っているはずの私たちが、暮らしは灯油。
そのギャップが、苦しかった。もがいていた。
でも、今はいいんだ、これで。
焦らず肩の力を抜いて。
今できることの中で、暮らしを楽しもう。
夢を抱きながら。

2017.09.06

がんもの試作

IMG_2641

まめや懐かしの「がんも」の試作。
 
豆腐をつぶし、野菜を入れて練り、丸めて、二度揚げする。ものすごく手間がかかります。でも、2年ぶりに作り、感慨深いです。
 
「がんも美味しかったよね、また食べたいよ」とよくお客さんから懐かしがられますが、一番強く思っているのは、私たちです。いつかまたお店に並べよう。でも、今度は、続けられる方法で。価格、大きさ、売り方、夫婦で練っています。お楽しみに!

IMG_2642

IMG_2643