昔ながらのかまど炊きと手絞りで大事に豆腐をつくっています。

2017.07.28

7/29(土)はお休み

明日、7/29(土)は、長男の学校行事のため、お休みさせていただきます。長男の小学校最後の親子行事で、学校でキャンプをします。

ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願いいたします。

2017.07.26

ガッツポーズ揚げ

今日の油揚げは、最高の出来です。ふっくら大きいです。

IMG_2447

今使っている薪のくせが、ようやくわかってきた。(もう何ヶ月も使ってますが…) 湿り具合がどれくらいで、かまどに入れるとどれくらいで温度が上がってくるか。またはどのくらいで温度が下がるか。そんなことがやっと分かってきて、薪との相性が良くなってきた。

肝心なのは、”低温”の火加減。これも分かってきた。油揚げは、低温と高温で、2度揚げする。でも、特に大事なのは、低温のほう。115度で入れて、118度くらいに上がってきたら、高温にうつす。で、また次の生地を入れる。入れると115度に下がる。また118度に上がる。高温にうつす。これを5回繰り返す。今日は、薪と仲良くなれたので、5回とも、予測通りに、温度計が動いてくれた。思わずガッツポーズ。

今日のガッツポーズ揚げは、
岡谷市のカンビオさん、島根県出雲市の素然さん
大阪市のフェアトレードショップ achaさんのところへ旅立っていきました。ぜひご賞味くださいませ!

IMG_2452

2017.07.22

“つながるお産” 盛尚貴 著 幻冬社

IMG_2435

近所の友人が出版した本。素晴らしいです。

4回の自然分娩の経験から学んだ、安産のための知恵がぎっしり詰まっています。私も5回経験していますが、頷けることばかりです。世の中にお産の本や雑誌は星の数ほどありますが、これほどまでに、真摯にお産と向き合い、母親、家族、周りの全ての人が幸せになることを願って書かれた本は他にないと思います。

この本は、安産のための実践テクニック本ですが、それだけに留まらず、母親とお腹の赤ちゃんの、神秘的なつながりが書いてあります。科学では解明できない、この神がかった母子のつながりが、産まれた後のその子の人格形成に、最も影響を与え、最も深い根っことなるのです。

私も、4番目と5番目の子を見ていて、思うところがあります。2人とも同じように、大らかに伸びやかに育てている。誰からも溢れんばかりの愛情を受けている。それなのに、2人の性格は意外なほど違う。天真爛漫で素直な4番目に対して、どこか不安定で、あまのじゃく的で、「やだやだ」が多い5番目。お母さんよりもお姉ちゃんが好きと言う時がある。(ついでに、1番目も似た傾向がある。)

これはどうしてなんだろう?と心にずっとモヤモヤと抱いていた。それが、この友人の本を読んで確信した。やっぱり、私の妊娠中の精神状態が影響してるんだ。

3年前、まめやを挫折し、休業、島根への移住、新しい仕事、、そんな私の人生の中で最も不安定な時期に、お腹にいた5番目だった。シュタイナー論を教える友達いわく、”33歳の長いトンネルの中にいる時期”。いつの間にか、長いトンネルから抜け出て、愛息子の可愛さが大きすぎて忘れていたけれど、そういえば、妊娠中、「こんな泣いてばかりいる妊婦から、どんな子が産まれて来るんだろう」とよく思ったんだった。

この卑屈さは、あの時の私の卑屈さなんだ。屈託無く笑う5番目の笑顔の奥に時々見せるその影に、私は自分の妊娠期を見る。でも、今の私にできること、それは、産まれてきてくれた5番目と今を幸せに笑顔で生きること。

だから、本当に、妊娠中は大事。この本を読んで、妊娠中を大事に過ごせる妊婦が増えるといい。また、家族や周りの人も、この本を読んで、妊婦の幸せを支えられますように。そして、お産を通じて、皆が幸せになれますように。

2017.07.21

薪割り

IMG_2441

このクソ暑い中、ひたすら薪割り。
これが、笑っちゃうほど楽しい。

だって、丸太を一割りするごとに、未来への安心感が生まれていくから。これでずっと豆腐が作れる、油揚げが揚げられる、極寒の冬を越せる、そんな安心感が。

おかげさまで、豆腐屋なのによく日焼けしてます。

2017.07.20

豆腐屋の息子

朝、出来てのおからを、ニワトリ達にあげる三男坊。

IMG_2426

あ!

IMG_2427

ボクも食べてる。うまいうまい、と食べてる。

IMG_2428

うまいから持って帰る。

やっぱり豆腐屋の息子!

2017.07.19

まめや at 土ころ

IMG_2418

土ころさんでの様子を書こう書こうと思いながら、日が経ってしまいました。予想以上に多くのお客さんが来てくださり、バタバタと大忙しでした。あ、忙しかったのは、ランチ担当の夫のほうで、試食販売担当の私は、お客さんとペチャクチャおしゃべりしてただけ。そう、私はおしゃべりに忙しかったのでした。

IMG_2434

まめや店主が作った豆腐ランチは、こんなかんじ。(慌てて厨房で撮ってます。実際は、風情ある木のテーブルの上で、もっとステキでしたよ。) 豆腐ステーキ、油揚げのマリネ、パンに付ける豆腐ディップなどなど。それにしても、オレンジ色のカンゾウの花をお皿に飾るため、前日に次女に摘みに行かせているあたり、豆腐屋のわりにコジャレてますよね。

私も、普段はプラスチックの使い捨てカップで試食をお出しするのですが、土ころさんでは、コジャレた陶器でお出ししました。おしゃべりに忙しくて、一枚も写真を撮ってないのが残念であります。

土ころさんでは、隔週金曜日着で、まめやの豆腐を共同購入してくださっています。まだまだメンバー募集してます。興味ある方は、お気軽にお問い合わせくださいませ。土ころさんのブログはこちら。

2017.07.15

本日は土ころにて販売&ランチ

今週は、店主が久々に熱を出して寝込み、臨時休業してしまいました。ご予約くださったお客様、ご迷惑をおかけして大変申し訳ありませんでした。二日間寝続け、ようやく復活しました。

本日は、駒ヶ根東伊那の自家製酵母パン屋「土ころ」さんにて、豆腐のランチを作ります。試食販売もします。どうぞお越しくださいませ!!(告知が遅くなりスミマセン…)

IMG_2414

※まめや店舗はお休みさせていただきます。

2017.07.07

有機村祭り

最近、動物ネタばかりでお前は豆腐屋じゃなかったか?って思われそうですが、ちゃんと朝3時半に起きて作ってますよ。仕事もちゃんとしてます。

今日は、山梨県甲府市の”有機村さん”にて、試食販売してきました。
車の外気温計38度!?猛暑にも耐え、夫婦仲良く頑張りました。記念にパチリ。あれ?店主、日頃の疲れで居眠り。

IMG_2381

IMG_2382

めでたく完売。でも、何より嬉しかったのは、「いつもブログ読んでます!うちもニワトリ飼おうかなぁって思っちゃいました!」と若いお母さんが来てくださったこと。かわいいかわいい2歳の坊やを抱っこさせてもらい、初対面とは思えないほど話が盛り上がってしまいました。

いつもどこかで誰かが読んでくれているこのブログ、姿が見えないのでほぼ自己満足で書いてますが、こんな自己満足でバーチャルな営みが、ある日突然リアルで堅実な人間関係を生み出すなんて、嬉しすぎますね。これを励みに頑張って書きます!笑

2017.07.06

ニワトリ小屋

IMG_2340

やっと、ここまでできたニワトリ小屋。えらい苦労しました。ハウスに全面網張って、周りにはブロック埋め込んであります。

これから、側面に板貼って、雨よけ作って、、と作業は続きますが、とりあえず、狭いヒヨコ小屋から、この広い小屋に移って、ニワトリ達、飛んで喜んでます。

↓これが、今までのヒヨコ小屋。もらいもの。ほんとに精巧にできてますね〜。

IMG_2325

それにしても、この作業で痛感したこと。それは自分がつくづく無能だということ。ここまでくるのに、多くの人の助けを借りました。「ハウス立てられないーやって!」「この金具、どうやって使うの!?」「ドアが閉まんないよー」「ブロックどっかになーい?」etc…といった具合に、私一人では、なーーーんにもできないじゃないか!ちょっと情けなくなりました。

だから、傍でテスト勉強に躍起になってる長女(中1)に、「テストの点数とるよりも、こういう小屋を作れるような大人になりなさい」と教え諭す母でありました。

2017.07.01

鹿の足

夕方家に帰ると、玄関に、鹿の四つ足が置かれていた!
急いで近所の友人に連絡し、闇の中で一緒にさばく…

あぁ、山の恵みは突然やってくるものです。さっと対応できる術を身につけたいものです。まずは、友人のように小刀を常備する、だな。

IMG_2336