昔ながらのかまど炊きと手絞りで大事に豆腐をつくっています。

2016.06.30

土ころさん、現る。

朝5時、天然酵母パン屋土ころさん、現る。
駒ヶ根から30分かけてやってきた。
私たちの豆腐を共同購入するにあたって、現場を見に来たのだ。彼女の心意気に感動だ。

半日、豆腐屋の仕事を手伝って、意気揚々と帰って行った。枕にできそうなくらい、たくさんのオカラを抱えて。



土ころさんのパンは、とにかく固い。パン切り包丁がなくても切れる。このズッシリ感が、たまらなく良い。



揚げバーガー。略して、アゲバ。


土ころのチラシは、筆ペン一本で手書き。しかも、裏紙。パンの包装は、新聞紙。納品書も請求書もいらない。レジもやめちゃった。だって、レシートなんていらないでしょ。とあっさり言う彼女。

お金に縛られない生き方、無駄のない生き方、かっこよすぎる。私もそんな生き方がしたい。

2016.06.29

のれん〜



や〜っと、のれんができました!毎日ひと針ずつ縫いあげた、汗と涙と、(たまに指刺して)血の結晶です。「あら、のれん、ステキね」って言ってくれたら、サービスしますよ〜。笑



油揚げも、ふんわり揚がりました。毎朝、火と格闘です。スイッチ一つで炊けたら、どんなに楽だろうと思いながら。

「今、低温のかまどから、高温のかまどに、油揚げを移したいのに、高温のかまどが180度になってない!急いで薪くべて、早く温度よ、上がれ!」なんて言って、慌てふためいてます。

しかも、同じ180度でも、薪が勢いよく燃えている状態と、おきの状態とでは、揚がり方が違います。なんて奥が深いのでしょう。でも、面白くてたまりません。

2016.06.26

梅仕事

すんごく忙しいけど、梅がなり始めたら、何事も手を止めてやらなきゃいけない!梅干しと梅ジュース作り。
今年は、ヒナタヤさんの梅の木を取らせてもらいました。きれいな梅がたわわになってる〜。さすが、ちゃんと剪定してる!





1キロ500円。まだまだなってますよ〜。

今日は、延々と畑の草刈も。やらなきゃいけないお店の仕事のことが頭をよぎるけれど、こういう、お天道様の下で労働する時間も、必要。「新生まめや」、うまくバランスをとっていきたいものです。

2016.06.25

豆腐試食会 at 土ころさん



駒ヶ根市東伊那のパン屋「土ころ」さんで、豆腐の試食会をしてきました。

土ころのミズホさんとは、かれこれ7、8年になる付き合いで、私が豆腐屋になりたいって言ってた頃、彼女は、パン屋になりたいって言っていました。うちが先に豆腐屋になり、彼女が追ってパン屋の夢を叶えました。

共に歩んできたといっても過言ではなく、2年前まで土ころさんで豆腐の共同購入をしてくれていました。彼女の明朗闊達な人柄のおかげで、たくさんの方がご注文をくださいました。

この日もたくさんの方のご参加!
時間ギリギリで、軽トラでかっ飛ばした私、息切れながら、盛り付け。



土ころさんでの共同購入は、隔週金曜日。
ご注文は、月曜日までに、土ころさんに。
スタートは、7月1日(金)。初回のみ、6月28日(火)までご注文を受け付けます。



会の後は、土ころパンと豆腐の物々交換。たーくさんの美味しそうなパン!写真撮らなくちゃと思った時には、もうこれだけに…

2016.06.18

再開して一週間



まめやを再開して一週間。怒涛の一週間でした。発送作業に追われ、分刻みで動く私と夫。この忙しさ、前とおんなじじゃん!!と突っ込みあいながら。笑

でも、2年前突然お休みをした身勝手な私達にもかかわらず、たくさんのご注文をくださった県内外のお店や個人のお客様に、心より感謝いたします。また、開店を盛り上げようと買い物に来てくれた友人たち、本当にありがとう。

予想以上に忙しすぎて、またやり方は模索していかなければいけませんが、「やっぱこれではいけない、どうしよう?」と、早速立ち止まって考えられるのは、これまでになく、大きな進歩です。2年前までは考えもせず、そのまま猪突猛進していましたから。



これまで豆腐を買ってくださっていて、今週もご注文くださった東京都根津のお蕎麦屋さん「雙柿庵(そうしあん)」さんから届いたお手紙とそば粉クッキー。美味しさと優しさに感動し、目頭が熱くなりました。
ずっとずっと応援してくれてありがとう。これからもガンバリマス。

2016.06.09

まめや再開します

6月14日(火)、午後からお店を再開します。

長らくお休みをして申し訳ありませんでした。
これからは、末長く元気に楽しく(!)豆腐屋をやっていきたいと思います。

営業日/ 火〜土 (土は不定休)
営業時間/10:00〜15:30 (火・木は午後のみ)
0265-96-7710
mameya@ymail.or.jp
伊那市高遠町山室2326-1


なお、さんざん悩んだ末、価格と量目を改訂させていただく決断をしました。また、品目も絞ります。(気の遠くなるほど手間のかかる「がんも」はなくなります。がんも大好きまめや一家としては涙ものです。でも、ふんわり香ばしい油揚げと厚揚げ、ありますよー!)
どうかご理解下さい。

—–
今朝も4時から、油揚げと厚揚げを揚げに、チャリンコでお店へ!
かまどの余熱で、クッキーを焼いてみちゃったり。ワクワク。



あー!まっくろこげ。ちーん。

2016.06.01

手紙で元気をもらう



島根の友人から手紙が届いた。日頃フェイスブックやlineでつながっている友人だけれど、こうして直筆でくれる手紙は、何にも代えがたく、嬉しい。

ここのところ疲れがたまって、心と体が動かなかった私。この手紙を読んで、大きな深呼吸をひとつ。なんだか軽くなった。