昔ながらのかまど炊きと手絞りで大事に豆腐をつくっています。

2015.05.25

野いちご狩り


友達が教えてくれた、野いちごの群生地。ただの道路端の斜面いっぱいに、野いちごが成ってる。勝手に採っていいなんて楽園のよう!一人一個ザル持ってゴー!

あまーい。生まれて初めて野いちごを食べた。ザルに入れても入れても、すぐパクパク食べちゃって、ザルにたまらない。よし、まずは食べよう。夕飯いらないくらいたらふく食べてから、さぁ、採ろう。でも、母は、背中のコブ(三男)が重くなってきたなぁ。「おーい、子供たち頑張って採ってねー」早々と戦線離脱。


急な傾斜もなんのその。もくもくと採る次女。でも、実は38度の熱がある。さすがに疲れて途中で戦線離脱。


次男。トゲが刺さって泣きまくって戦線離脱。兄に「トゲくらい刺さるわー!情けないなー」と言われる始末。

さすが、高学年は違うねぇ。長男と長女は1時間近く採って採りまくる。食べるのもやめ、せっせとザルに採る。


おかげで、こんなに採れた。

家に帰って早速ジャムに。うーん、色が悪いな。レモン汁がなくて梅酢を入れたからかな。でも、少しの砂糖でも充分甘い。木次ヨーグルトにかけて、う~うまい!

2015.05.18

振り返り

島根に来てちょうど一年が経つ。過去のブログを振り返ってみた。

なんだ、ちょうど一年前が一番良かったんじゃないか。夫婦が一緒に原点に立ち返って再出発しようという時だった。人というものは、大志を抱き、これから進もうとしているときが一番輝いている。ところが、いざ突き進んでいくと、数々の問題や矛盾にぶち当たり、これでいいのか、こんなはずじゃなかったと葛藤するようになる。人生はその繰り返しだ。

私は、島根での暮らしが好きだ。今、畑仕事、子供のこと、地域のことなどが無理なく調和している。経済的にはとても苦しいけれど、心の余裕は高遠にいた頃よりはるかにある。

夫はというと、妻から見た偏見に過ぎないが、日に日に輝きを失っているように思う。ここでの生活は、彼から彼らしさを奪っているように思えてならない。本意ではない生き方を強いられて、魂をもたないロボットのようになってしまっているようだ。

・・・と書いて、夫からブーイングが飛んだ。どうやら、本当に私の偏見だったようだ。毎日ほとんど会わず言葉を交わすことがなくなってしまったので、こういう思い違いも起こる。夫婦は、親子と違って、やっぱり赤の他人。分かるようで分からない。大事にしないと離れていく。それに気がついたのが一年前だったはずなのだが。あまり進歩がない私。

2015.05.15

日々



うちで採れたいちご!と言いたいところなのだが、これは、もらいもの。うちのいちごは、葉が大きいわりに実があまりならず、昨日一人一個ずつ食べただけ・・。いいなぁ、こんなにいちごが成ったら。露地で育てた今のいちごの美味しさは格別なのだ。おまけにいちごジャムまで頂いた。急いで木次乳業さんのヨーグルトを買いに行って、とろ~っとかけて食べる。あ~幸せ。

下校中、シロツメクサを編みながら帰ってきた長女。昨日は、市内の陸上大会で3位入賞を果たした。賞状はまだもらってないから、かわりに、シロツメクサネックレスでおめでとう。



日々忙しくなんだか悩むことも多いけれど、こんな些細なことに救われている今日この頃である。

2015.05.11

草もち



母の日には、毎年恒例、みんなで草もち作り。今年は、米粉ではなく、餅つき機でお餅をついて作りました。

よもぎの良い香り。春らしいやわらかな色。あ~おいしい。15キロついて、みんなでペロリとたいらげてしまいました。(写真奥、でっかいお腹)



小豆は、我が家産。今年もたくさん作るぞー。ねむの木の花が咲く頃、蒔くそうです。

2015.05.07

GWとはいえ・・②

戦国好きな長男、お城を作ると言い出した。ダンボールで試行錯誤。うまくいかない!途中で泣き出した。うまくいかないとすぐ泣けてきちゃう、まだ幼い小4男子。と思ったら、いいこと思いついた!と新聞紙を持って外に飛び出していった。



新聞紙を水で濡らしてこねてる。


新聞紙城、完成。ご満悦。泣いたカラスがもう笑うのも、小4男子。

GWとはいえ、家でこんな遊びをしている子供ら。学校がないだけで嬉しいんだ。でも、最近見るようになったテレビのアニメで、「GWは家族でどこかに遊びにでかけるもの」と知り、「なんでうちは行かないの?」と言うようになってしまった。テレビは洗脳するにもってこいだな・・。

「GWで出かける先は、人ごみだらけ」ということも知った子供達。「ま、いっか。うちにいても、人がたくさんいるから、人ごみだよねー」と長女。兄弟が多くてよかった。

2015.05.03

GWとはいえ・・


8年ぶりにこいのぼりを出してみた。3人も男児がいるのに、母親の怠慢で出していなかった。まるで洗濯物のよう・・。でも、子供はうれしい、うれしい、こいのぼり。

世間はゴールデンウィーク。でも、我が家は、母子でいつものように日常を過ごす。畑にでて、夏野菜の定植の準備をしたり、じゃがいもの芽かきをしたり、近所の田植えをながめたり。


初収穫のスナップエンドウ。なかなかベテラン農家のようにうまくはいかないけれど、少しずつ前進。



9ヶ月のサンシローは、おままごとの仲間入り。ペットですな。

休みになると5人も家にいて大変でしょう、とよく言われる。3度のメシなど、確かに大変すぎる!のだけれど、サンシローの面倒をずっとみていてくれるので、母はラクチン。休日こそ、母のフリータイムなのである。この間は、三輪車に乗せられていたけれど・・。