昔ながらのかまど炊きと手絞りで大事に豆腐をつくっています。

2015.04.22

うちって・・

兄弟5人で、おうちごっこ。名前も変えて声も変えて、なりきってる。すごい演技力。ふと耳をすませてみると・・


長男「うち、毎日、ふき味噌とか、カンゾウの酢味噌和えとか、たけのこの塩漬けとか食べてるんです」
次女「えー!うちは、焼きそばとか、オムライスとか食べてますよ!」
長男「こーきゅー!(高級)」
「うちは、ゼロ円でくらしてるから、毎日野草たべてるんです」

次女「えーおやつは、どんなもの食べますか?」
長男「おやつは、ご飯まるめて揚げたのとか、食べてるんです」
次女「えー!うちはアメとか食べてますよ!お菓子の棚があって、勝手にパクパク食べていいんです!」
長男「こーきゅー!(高級)」
「うちは、水道もないから、山に水くみにいってるんです」
次女「えー!うちは、ジュース飲んでますよ!」

うちって・・・(笑)。私は、隣の部屋で腹を抱えて笑ってしまった。私が笑ってることに気がついて、つられて子供らも笑いだした。
近頃、我が家は、食べ物、おやつのこと、テレビやゲームのこと、いろんなことが、よその家と違うことに気づき、「うちはなんでー?」とよく言ってくる年頃の子供ら。反動も大きい。でも、こうやって笑えるならいっか。

2015.04.21

たけのこ掘り

友人のおばあちゃんが、たけのこ掘りに誘ってくれた。大きい孟宗竹!いざ、山へ!


あるある!ぴょこんと頭がでてるのを、上手に見つけるおばあちゃん。足の裏にあたるから分かるんだって。さすが。目線が低い子供も上手に見つける。

今年は大豊作。







こんなにたけのこ見たの、初めて。おばあちゃんに習って、塩水漬けに。このあたりでは、こうして漬けておいて、お正月に食べるらしい。



ゆでたやつは、砂糖をちょっとまぶして冷凍に。こうすると冷凍焼けしないって。それから、塩を振って干すと、スルメみたいになるんだって。

「たけのこのうちができるんじゃなーい?」と子供達が言うほど、たけのこ三昧。ありがたい限りです。こうして、山をもってない私たちが、たけのこをいただけるのも、日頃から山を管理してくれている地元の人のおかげ。たけのこが大きくならないようにまた頻繁に山に入るんだって。ありがとうございます。

2015.04.16

三士郎のつぶやき



「ぼくは、くっきり二重のおめめ。髪は巻き髪。赤い服きたら、どっからどーみても、女の子にみえる。この間だって・・

病院で、待合室の隣に座ってた、知らないお姉ちゃんが、「きゃー。おめめパッチリでかわいー。」っていって、ぼくとずっと遊んでくれてたんだよ。3時間も!・・でもね、

「アオキ サンシロウさーん」ってぼくが呼ばれたらね、お姉ちゃん、かたまっちゃったんだよ。キツネにつままれたような顔ってやつ!あぁ、さてはぼくのこと、女の子だと思ってたな。しかも、どこぞの、じーさんが呼ばれたかと思ったら、ぼくだったから・・。

そういや、兄ちゃんのときもそうだったって、母ちゃん言ってたな。兄ちゃんもパッチリおめめで巻き髪、お姫様みたいだったって。でも、名前よばれたら、ショウジロウさん・・。まわりの人がみんな目がテンになってたってさ。

かーちゃーん。どうしてくれんだよー。」

大きくなったら坊主にするから、そしたら、イケメン坊主3兄弟、タロウジロウサンシロウのトリオ。お楽しみに!(母)

2015.04.13

野草

この時期は、犬と一緒に野山を歩くのが楽しい。食べられる野草はないかな~。足元に目を凝らしていくと、三義でおなじみだった野草が見つかる。

この間は、すっかり荒地になってしまった休耕田を眺めながら歩いていたら、遠くに一角だけ固まって生えてる黄緑色の葉と白い花に目がとまった。なぜだか気になって目が離せない。もしかして、葉わさび??

思い切って、藪の中を掻き分け、ぬかるみに足をとられながら、行ってみた。やっぱり葉わさびだ!春になると三義の家の裏にたくさん生えて、よく食べたやつだ。つい先日、こちらの産直で売っていて懐かしいから買って食べたところだった。遠目にも雑草の中から葉わさびを見抜いた我が眼はスゴイ!と自画自賛。自分だけ知ってる秘密の花園ってかんじで、嬉しいなぁ~。ちょっとだけ拝借。


ついでに、ぬかるみには、せりがいっぱい。甘くて根っこもやわらかくて美味しい。



ん?これは、もしや、スグリ??実が酸っぱいやつだ。いや、本当は、実が赤くなってから食べるから甘いはずなんだけど、うちの子供らは、酸っぱいうちからよく競い合って食べてた。

私が見つけた、このスグリかもしれない草は、まだ花が咲いたばかりで実がなっていないからよく分からない。こういうのは子供に聞いたほうが早い。子供達を呼んできて、「スグリって覚えてる?これかもしれないんだけど。」「スグリ?どれ?あ!あの○○のおばちゃんの庭にあってよく採って食べたやつだ!」「じゃぁ、実がなる頃ほんとにスグリか分かるね。また楽しみに見にこようね。」

そして、帰り道。道端に生えてた、スイバを次女がポキッと折り、チューチュー。おなじみの酸っぱい草。ほんとに道草って食うんですね。


あんまり美味しそうに食べるので、目かくしでパチリ。歯抜けでスイバチューチュー、ちゃんとお嫁にいけるでしょうか。

2015.04.10

温床と種まき



温床をつくった後、私は風邪で発熱したが、肝心の温床が発熱しない。分量が間違ってたかな。チッソ分水分何%という、数字には目をそらし、いつものテキトー性格まるだしてやったら、やはり失敗か。でも、落ち葉の保温効果でいくらか温かなので、種を蒔いてよしとする。きゅうり、ミニトマト、バジルを蒔いた。室温20度~30度。温度計をおいて、ここは慎重な私。

翌日は一日雨で、いきなり20度以下に。全然温床の意味がない!不織布で覆って祈るのみ・・。家の中のほうがいいのかな~

自給用の畑と思って始めたけれど、お金がかかるかかる。自前の未熟な堆肥は絶対だめと学んだので、良質の完熟の堆肥を買ってみる。資材もいる。大収穫の保証もないんだけど・・。自らの学びと楽しみのための畑になってます。ごめん、家族よ。

2015.04.07

春休みと三度メシ

気がついたら、今日で子供の春休みが終わり。毎日、メシとの闘いですよ。食べ盛りの4兄弟の食い方がハンパない。一食5合をたいらげるやつら。おまけに、きっかり3時になるとおやつを求めにくる。どんだけ食うんだよ!他人事のように床に転がってる乳児も、母ちゃんのハンパない大メシ喰らいのおかげで、丸々太ってる。



やつらが大好きなおやつ「ごはんせんべい」。残りご飯を丸めて揚げて、醤油をジュッとかけるだけ。カリカリボリボリいってめちゃくちゃ美味しい。玄米に近いご飯ほど、香ばしい。5合メシ食った後でこんなおやつ、信じられんでしょ。あ、私もしっかり食べておっぱい供給しますよ。