昔ながらのかまど炊きと手絞りで大事に豆腐をつくっています。

2015.03.29

温床完成


温床完成!ふはぁ~!
軽トラがないから、肥料袋につめた落ち葉を普通車のトランクと足元に乗せて何往復もした。側溝に行ったり、山に入ったり。かなり怪しげな、元都会人。ほんとは長野県民と言いたいのだけれど、東京育ちのお嬢ちゃんとすっかり定着してしまってる、この西日本の村社会では。

温床の枠は、わらが手に入らなかったのでコンパネにした。でも、コンパネだと薄い。わらだと厚みが20センチくらいあるから保温力がとてもいいようだ。「ダンボールでもなんでもいいから厚みを作ったほうがいいよ」と近所のおじいちゃんに教わって、ダンボールを張ってみた。コンパネとダンボールの間に、刈り草がびっしり入ってる。見た目かなり??だけど。

その下で、奮闘する人もう一名。せっせと泥団子をピカピカに磨いてる次男。

母ちゃんは、日がどっぷり暮れるまでこんなことやってる。サンシローは上の子が面倒みてくれてる。夕ご飯は・・

「おかあさーん、ご飯だよー」と声がして、きったない服を脱いで家に入る。長女お手製の夕ご飯。あぁ、子供のおかげで畑ができます。ありがとう。
幸ご飯

ちゃんちゃん。めでたしめでたし。

・・と終わる予定が、この翌日、母ちゃん以下子供3人がそろって具合が悪くなり発熱。温床より先に発熱してどうする!と突っ込みながら、一日中うなされる。家の中は地獄絵のようだった・・。

2015.03.22

つくし

畑でちょっと一休み。お、つくしがいっぱいあるぞ。つくしの目になると、見える見える、つくしの大群が。

”はかま”を最後にまとめて取るのは嫌になっちゃうので、1本採ったらすぐ”はかま”を取るようにする。とりつかれたように、無我夢中で採る私と次男。爪、くろっっ。

油で炒めて醤油をジャッとかけて、ご飯にのせて食べる、うまいんだよなぁ。もやしのようだけど、ほろ苦さが春の味。最近の我が家の人気メニューです。

2015.03.17

晴れたよ、畑だよ

畑を耕していたら。おっと。冬眠中のカエルくんに出くわした。ごめんにねぇ!なぜかサンシローに言うときと同じ口調。


今日も、畑を耕す。あぁ根がすごい。機械が入れば一発なのになぁ。でも、何年か前までおばあちゃんが機械なしでやっていた畑。自給用の野菜を全部作っていたというのだから、すごい。あぁ、その頃に戻って、おばあちゃんの様子を見てみたい。

午前中、サンシローは車で寝かせたまま畑仕事して、気がつくとお昼の鐘が鳴る。一人分のご飯を作る。自分用だからといって、手抜きはできない。授乳中でものすごくお腹が減るから、ご飯山盛り、しっかりおかず付き。

一息つくと、もう次男のお迎えに。よれよれで汚い農作業服のまま、幼稚園に猛ダッシュ。そして、到着した後で気づく。あぁ、きれいなかっこのお母さん達の前で、わが身なりが恥ずかしい。お嫁さんたちは農作業なんかしない。農作業はおばあさんたちの仕事。私は、”東京から”という肩書きを持っているので、???という風に見られている。だから友達ができない・・!(笑)でも、また帰ってからすぐ畑に出るので、いちいち着替えるのも面倒くさい。あぁ、畑友達が欲しい。とにかく、雨の多い山陰では、今日のような晴れ間が貴重。めいっぱい畑に出ねば!

ベビーカー
サンシロー、ベビーカーデビュー。車に飽きたら、ここに設置。もう少しここで機嫌よくしていておくれ。頼むよ!(しかし、虫に刺されるよな・・虫除けどうしてるんだろう。こういう時も、畑友達(略してハタトモ)が欲しい)

2015.03.09

長くて暗いトンネルを駆け抜ける


今日は一日、畑を耕した。は~疲れた!!今年は、大きな畑を借りた。でも、機械が入らないところなので、クワでやるしかない。気が遠くなる作業だけど、やるしかない。エイヤーエイヤーとクワを振り上げながら、一人で今後のことを考えた。

4月から私は無職。夫の給料も半分以下になる。長野に帰って豆腐屋を再開することも考えた。でも、今はまだ帰れない。今帰ってもまた同じ失敗を繰りかえしてしまうから。もう少しここで踏ん張る。

私は、畑を本気でやる。少しでも野菜を買わないで済むように。そして、赤ん坊がいながらできる内職を探そう。今まで収入を夫に頼りすぎていた。豆腐屋でもそう。本気で商売しているのは夫のほう。私はいつも理想ばかり。”家族で自然な暮らしがしたい”という絵空事ばかり。「どうしてお金に頼らなきゃ生きていけないんだろう、もっとのんびり暮らせないんだろうか」と、お金を本気で稼ごうとしてこなかった。子供には、田舎暮らしの真似事ばかり教え込んで。仕事ばかりしている夫を責め、自分の価値観で子供を縛り。よって、結局私が、夫からも子供からも自立できない。

お金に頼らないで生きられるように、自分でお金を稼ごう。暗くて長いトンネルを抜け出せるかは、自分がどれだけ本気になれるか。やるだけやって伊那に帰ろう。やっぱり私は伊那が好きだ。

2015.03.04

ひなまつり

昨日はひな祭り。初めて巻き寿司を作ってみた。巻き簾がないから買おうと思ったけれど、やめた。裏山から竹を切ってきて作ってみた。ついお金に頼ってしまうけれど、こんなに簡単にできるんだ。


おもっ。竹をもう少し細く切ればよかったなー。でも、巻けるからいっか。子供達に任せておいたら、ぐっちゃぐちゃになったけれど、美味しいからいっか。

ここ数年眠っていたお雛様も飾った。母の祖母が作った、昔ながらのふくよかなお顔のお雛様たち。かわいくて嬉しくて、いつまでもお雛様の前を離れない次女。ふと見ると、人形を持ってブツブツ。「私がこの場所よ。」「え?ここは私よ。」「じゃ、こっちはどう?」「すてきね、この場所も」お雛様がこっちに来たり、右大臣があっちに来たり。五人囃子の中に、三人官女が割り込んでみたり。あらま、左大臣が横向いて、きれいなお雛様を見てるよ。