昔ながらのかまど炊きと手絞りで大事に豆腐をつくっています。

2014.08.31

夏休みが終わり・・

島根での初めての夏、思いのほか楽しかった。前半は、身体が動いたので、毎日子供と散歩行ったり、虫取り行ったり、まめやをやっていた頃は全くできなかったことが、思う存分子供とできた。何より、学生時代の旧友たちや、長女の同級生家族が遊びに来てくれたことが嬉しかった。長女の同級生家族は、予定日前日に来たのに、全然産まれないので、出雲大社に連れて行ってもらったり、海を見たり、温泉に入ったり、初めての島根観光ができた。(これまで、家と会社とスーパーを行き来するくらいの毎日だった)そして、その翌日に、産まれてくるなんて・・。

後半は、産後で寝たきりになり、もどかしい毎日。夫は、会社を休めず、少ない時間で家事をやりくりして、いつものように頑張りすぎてる姿を見て、私は胸が痛くなる。子供達も最初は張り切って家事をやってくれていたけれど、だんだんとモチベーションが下がり、(そりゃそうだ。)それをやらせるために、私は寝床からムチ打ち・・。家の中は荒れ果て、産前はきちんとあったものが、なくなっていたり、壊れていたり、カビていたり。あぁ、数ヶ月かけてやっと秩序立てた家が、無法地帯になっていく。そこへ、救世主、実母、東京から現る。私より100倍几帳面なので、崩壊寸前の家の中をなんとか立て直してくれた。ブタ小屋よりひどい子供部屋が片付いた。ありがたいです。

始業式始まった今も、長女はまだ宿題をやっていない。毎日、近所の子と遊ぶのが楽しくて仕方ないらしい。一番真面目な長女が、である。長野では気の合う友達がすぐ近所にいなかったから、こんな経験も初めてだ。そもそも、今の子供は、学校が始まってしまうと忙しくて遊べない。だから、夏休みこそ、思う存分、友たちと遊ばなきゃと思う。寝食を忘れて遊ぶ、なんて今どきできないのではないか。長い夏休み、「宿題は、思いっきり遊ぶことだけ!」に何故してくれない先生よ、と不平を言う母親は私だけだろうか?

2014.08.26

豆腐工房しろうさぎさん


突然お祝いに来てくださった、雲南市木次町の「豆腐工房しろうさぎ」さん。我が家から10分くらいのところです。私と夫が学生の頃この豆腐屋さんを訪れ、まだ暗い明け方にできたての温かい豆腐をいただいたことがあります。その美味しさに感動し、私達は豆腐が好物となり、しだいに豆腐屋を志すようになったのです。私たちの原点といえます。

豆腐が美味しいところに引っ越してきてよかった・・とつくづく思います。いつもは、かための豆腐を買っているので、いただいた、やわらかとくみだし豆腐には、全員が大興奮。一人ひとつスプーンを持ってかじりつきました。くみ出し豆腐は、「まめやのざる豆腐に似てるねぇ」と子供たちが話していました。

一緒にいただいたおからは、夫が久しぶりに煮物にしてくれ、ご飯にかけて何杯でもいただきました。

さわやかな大豆の風味が口いっぱいに広がる美味しい豆腐・・、そしてしみじみ懐かしい豆腐・・、本当に本当にありがとうございました。

2014.08.23

ちいさきもの

ちいさきもの、いとをかし。顔はおじいちゃんみたいにしわしわで、赤黒くて宇宙人みたいなのに、小さきものをかわいいと思う本能があるんですね。動物は。近所の子も来て赤ちゃんの取り合いです。

男女チームに分かれて、鬼ごっこ、戦いごっこ、どろぼうごっこ、ゾンビごっこ(なんじゃそりゃ)・・枕元で繰り広げられるそんな素朴な遊び・・ですが、激しすぎて私の頭と家が壊れそうです。赤ちゃんは、すやすや寝入ってる、さすがです。

すると、女子チームが泣き出しました。聞けば、「5分ごとに赤ちゃん抱っこするの交代するって約束したのに、男子チームが代わってくれない!!」と。男子チームを見ると、女子チームを無視して、赤ちゃん眺めて抱っこして顔触って遊んで余裕げです。(小4、小3の男子) なんて素朴な遊びなんでしょうね。

2014.08.20

第5子誕生

8月11日午後2時、第5子が誕生しました。予定日より1日遅れた、スーパームーンの日でした。

初めて病院で産みましたが、分娩台のない部屋で、家族全員に見守られながら、助産師さんだけの介助で産むことができました。痛みが強くなってから30分くらいだったので、出血も驚くほど少なく、産後の回復も早いです。産休に入ってから鍛えてきたおかげです。5人も産んでへろへろ~・・になると思っていたのが、母乳もたくさんでるし、思いのほか元気なので、安心してます。

絶対女の子だろうと勝手に決め込んでいたのに、まぎれもない、元気な男の子でした。顔は、またしても同じです。

夫が、朝4時には起きて仕事に行き、8時頃帰ってくるので、その間、子供たちが早起きしてフルに働いてくれています。長男が、犬の散歩をして、洗濯をしてくれます。うんち付きのおむつもせっせと手洗いし、干してくれます。長女が、朝ごはんを作って、片づけをしてくれます。次女が、ふとんをたたんで、洗濯物をたたんでくれます。次男(4歳)は・・、食べた食器をさげて、ニコニコ笑顔で癒しを振りまいてくれます。みな、成長したなぁと感心してます。


近所の子も来て、みんなでおむつ替え。

2014.08.07

まだ・・

まだ産まれませんねぇ。7月末からスタンバイしている私や家族は、だんだん気が抜けてきました。子供なんか、まだぁ~・・・??ってかんじ(笑)。私も、毎朝早起きして歩いてましたが、今朝は起きられず。どんなタイミングをねらって出てくるのでしょうか。


お産前にやってしまおうと、枝豆の収穫。

2014.08.04

旧友の来訪

31日は懐かしい旧友が我が家に遊びにきてくれました。10年ぶりの友人もいました。ラオス好きのバックパッカーだった学生時代、出会った仲間。よくみんなで飲みに行ってラオスを語り合いました。今回は、お産間近で4人のうるさい子らが取り囲み、酒を飲み交わしながら思い出話に花を咲かせる・・わけにはいかず、もどかしい思いのままあっというまに時は過ぎていきましたが、旧友という宝物に久しぶりに会えただけでも最高のひとときでした。


美味しいシチューを仕込んできてくれました。たくさんお土産も持ってきてくれました。こちらは長男のかぼちゃの天ぷらしか用意できず(ちょっと衣が厚かったね)・・ごめんなさい!

お腹の人は、まだ出てきません。下二人は予定日より二週間早かったから、今回も7月末かと思っていましたが、ただいま準備中なようです。毎日歩き、草刈りし、スクワットし、母の身体は準備万端です!