昔ながらのかまど炊きと手絞りで大事に豆腐をつくっています。

2013.12.28

本日(12/28)最終営業日です

今日は、製造はしませんが、店舗販売のみする予定です。午前8時から午後1時までの営業です。年内最後ですので、本日に限り、全品1割引とさせていただきます。こちらは、雪山の景色が美しく白銀の世界、ぜひゆっくりゆっくりお気をつけてお越し下さい。(道路の雪は溶けています)

2013.12.26

サンタにノコギリもらう

サンタさんのこぎり

まめやの長男、クリスマスの翌朝5時起床。母と歩いて工場に行き、焚き付けを切る。ノコギリで。
 
このノコギリ、なんとサンタさんがくれたのである。(特に欲しい物がないようだったので、私はさんざん悩んだ末、このチョイスに。我が家に既にあるノコギリは錆びてて面白いほど切れない) 「じょうとうなノコギリをもらった!さや(鞘)にも入ってるんだよ!」と、親の期待通りに(笑)喜んでくれる長男。しかも、早速早起きしてその切れ味を確かめるべく工場に。
 
最初はうまく切れなかったけれど、だんだんと要領を得て上手に切れるようになったらしい。8枚も切れたとご満悦で、朝7時に自宅に戻り、学校に行った。
 
長女はスキーウェア、次女はリュック、次男は帽子、とみんな実用的なプレゼントで喜んでくれるからこちらもほっと肩をなでおろす。いつまで親がサンタさんになれるだろうか。いつもは夜中の1時半に起きて寝ぼけ眼で工場に行く夫が、この日だけは眼をかっぽり見開いて慎重に慎重に枕元にプレゼントを置く。こんな経験も今しかできない。

 
明日(27日)は年内最後の営業です。気合を入れてガッツ!!年明けは、少し長く休息をいただく予定です。またお知らせいたします。

2013.12.23

今日一日

雪遊び2013

雪がどっさり積もっています。今日は、親が仕事している間中ずっと、外の雪で遊んでいる子供たちでした。そりで滑ったり、雪合戦したりと、笑い声が高らかに響きます。大人はうんざりの雪でも、子供にとってはパラダイス。兄弟4人が仲良く雪で遊んでいる姿をみて、私は、少しうらやましく、ほほえましくあり。
 
今日は、日が暮れかかる頃、私の大好きなパン屋「わざわざ」さんで働いているスタッフの方がご来店くださった。まだ足を運べぬ「わざわざ」さんであるが、何度かパンを頂いたことがあり、都度美味しさに感動している。また、ホームページが素敵で、さぞかしお店もセンスが良いのだろう、と勝手に推測している。いつか訪れたい憧れのパン屋さんなのである。
 
そのスタッフの方がお見えになった、というのだから、私は有頂天になった。ちょうど、お世話になっている方に頂いたわざわざさんの「シュトーレン」をかじっていたところだった。スタッフの方も、豆腐を買いに来てみたかったとおっしゃってくださり、こんな雪道の遠路をはるばる夕暮れ時に来てくださったことがありがたく、パンと豆腐のなんて素敵な交流なのだろう、と嬉しくなった。髪を振り乱して年内最後の週をせわしなく送っている私には、今日初めて一息つけた、安らぎのひとときだった。
 
そんな思いで再び仕事に取り掛かり、帰宅したのは、夜の7時前。長男長女がチャーハンを作っておいてくれるはず、と期待して帰ったら、部屋の中は、雪用の服が散乱して泥棒が入ったかのような有様、台所では野菜を炒め始めたばかりだった。疲れと寒さで心がすさんでしまった私は、ここで堪忍袋の緒が切れてしまった。怒りが爆発、もう自分でもわけが分からなくなって
涙もとまらず・・。急いで帰ってきてくれた夫になだめられ・・。あぁ、またダメな母ちゃんです。
 
でも、またその数十分後には、また笑いが戻り、家族仲良く、夫の作ったチャーハンを食べることができました。家族とは良いものです。
 
子供4人が寝る時に、「さっきは怒ってごめんね。たくさん手伝ってくれて感謝申し上げます」と枕元で言ったら、長女(小3)が、「ストレス発散できた?」と。一人前なことを言うなぁとおかしくて笑ったら、「なんで笑うの!?なんかおかしいこと言った??」と。あぁ、まだその言葉の本当の使い方は知らないな、大人の聞きかじりで言ったな、と分かると、それもまたおかしく、長女が愛らしく。家族とは良いものです。

2013.12.05

ご迷惑をおかけしました

3日間お休みをいただいて今日、仕事に復帰しました。お客様には大変ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。
 
今日は、仕込みの都合で、いつもの半分以下しか作れず、夫と私だけで作りました。工場の中で夫婦だけというのは、とても久しぶりで新鮮でした。5年前、豆腐屋を始めた当初はそうでした。それから、だんだんと1人、2人とお願いする人が増えて、今は、毎日スタッフが2人ずついます。もともと恐ろしく手のかかる仕事なので、早くから他の人の手が必要になったわけですが、作る数や種類を増やして事業を拡大してきたために人手が必要になってきたのも事実です。
 
しかし、大きくなって見失うこと、犠牲にしてきたことも多いのではないか、とこの頃は思います。今の世の中では、会社や事業は大きいことが是とされていますが、果たして私達にとってはどうなのか。私達はどう生きたいか、暮らしたいか、働きたいか、互いの大事にしたいこと、そんなことを話し合いながら今日は二人で作りました。まだまだ結論は見えません。けれど、少しずつ、今まで落としてきたものを拾い集めながら、自分達の本当の”心”の部分を見つめていきたいと思います。

りんごおからケーキ21
先週末、私の作ったりんごおからケーキを外で食べる子供たち。子供たちを見ていると、私達の歩む先が見えてきます。

2013.12.01

臨時に休業させていただきます

師走に入り、夫の過剰労働がたたり、本日ダウンしてしまいました。誠に不覚ながら、明日も営業できません。明日営業ができないと、あさっての豆の仕込ができません。悲しいかな、豆腐屋というのは、豆の都合に合わせて動く運命にあるため、今日回復したからといって今日からすぐに製造ができる、というものではありません。よって、誠に勝手ながら、4日(水)までお休みをさせていただきます。十分に休んで、回復するつもりですので、どうかご容赦ください。