昔ながらのかまど炊きと手絞りで大事に豆腐をつくっています。

2013.04.24

まだ百人一首

我が子供達は、まだ飽きずに、百人一首にはまっている。朝も早いくせに、寝る間も惜しんで百人一首をやっている。継続は力なりであり、長女と長男(ついでに私までも)が、100枚を諳んじることができるようになった。(過去のブログ1)(過去のブログ2

子供にとっては、100枚を覚えることは決して難しいことではなくて、はやりの歌の歌詞を自然に覚えてしまうように、何度も百人一首をやっているうちに、自然と上の句から下の句が口についてでてくるようになるもののようだ。(もっとも、平安時代の人にとっては、百人一首の歌が流行の歌だったのだろうが。)

優れた脳みそなんかいらない。攻略本なんかいらない。語呂合わせなんかしなくていい。はっきり言ってバカの一つ覚えのように、反復して音読さえしていれば、どんなに難しい言葉でも、長い言葉でも、意味が分からなくても、年齢の差関係なく、覚られるものなのだ、ということがよく分かる。

5歳の次女でさえ、いつの間にか何十枚も覚えてしまっていて、日本語が短歌みたいになっている。「あ!おき まどわせる しらぎくのはな、だって!」(青木という自分の苗字が入っていることに気づいてケタケタ笑っているんだけど、意味わかるかしら?わかりにくいね・・) 驚くことに、もうすぐ3歳の次男も1枚覚えてしまい、どこにあっても「あった!」と取るようになったのだ。

我が家の百人一首熱について、PTAの飲み会で校長先生に話をしたら、「よし。じゃぁ、校長先生と百人一首をしようと伝えてくれ!一緒にやろう!」と酔っ払いながら校長先生が言った。酔った勢いだろうと思っていたら、翌日、本当に校長先生は家から百人一首を持ってきてくれたらしい。長男に声をかけてくれ、金曜日の放課後、校長室で、長男が、校長先生と百人一首をしたらしい。なんともほほえましい光景が目に浮かぶ。全校生徒50人強の小さくて仲良しな学校だからこそできることだ。今どき、放課後、校長先生と校長室で百人一首に燃えられる経験なんて、たやすくできることではない。毎週金曜日を楽しみに、長男は学校に通っている。


「心あてに おらばやおらん 初霜の おきまどわせる 白菊の花」

私も全然意味は分からないのだけど、なんだか日本語が美しくてうっとりしてしまう一句。

2013.04.22

続・念願の自転車


こちらでも、念願の自転車をゲットした人がいた。長男の妹、次女(5歳)だ。もれなく、長男の乗っていた「ちっこいチャリンコ」のお下がりがまわってきて、ニコニコだ。こうしてみると背の低い5歳の保育園児にぴったりのサイズなのがよくわかる。(いかに長男(7歳)には、ちっこかったか)この自転車、うちに来る前から既に年代物だったので、次女で一体何代目か・・ここまで乗られれば自転車も本望だろう。

末っ子(2歳)は、私の自転車のかごがお気に入りになった。本当は私一人でスイスイ走るために買ったんだけど・・。かごの”お荷物”のおかげで、ゆっくり押して歩くはめに。まぁ、次男坊の歩きに付き合って一緒に歩くより速いから便利としよう。

先週末は、スタッフあやさんの88歳のおばあちゃんが、愛知県から一人、電車で訪ねてきた。なんてタフなお方なのでしょう。だからあやさんもタフなんだ!と合点。しかも、着物を着て、お手製のチラシ寿司とたくさんのお土産をさげて。まめやのいなり寿司と一緒に、桜の花びら舞う外を眺めながら、楽しい昼食となりました。皮が主役のおいなりさん、だいぶ上手になってきています!

2013.04.16

念願の自転車


今まで、こんなにちっこい自転車をキコキコこいで、村中を走り回っていた長男。普通の自転車の3倍はこがないと前に進めない上に、ここは、起伏の激しい山間の村である。ヘルメットかぶって、足を小刻みに動かして坂をのぼる長男の姿は、滑稽であり、けなげである。この自転車に乗って、朝の5時から30分かけて近所の手伝いに通う、その彼の頑張りに感服して、ついに自転車を買ってあげた。

そして、ついでに私も買ったのである。お店と自宅との間を、車でなくなるべく自転車で行き来しようと思っている。実に高校生ぶりに(?)乗った自転車は、スバラシイ!子供の目線になれる。風を感じられる。星降る夜の自転車は、宇宙を感じる。

とはいえ、自宅前もお店前も坂なので、車でなまり切った母体にはきつい。自転車に乗って坂をのぼることができない。仕方なく自転車を押して上っていると、子供達が隣りで、「お母さん、のぼれないの?」と悠々と立ちこぎで去っていく。母、修行が必要です。

左から、母、長女、長男の新自転車、長男の旧自転車


お店の前の桜は、只今満開。さくら豆腐も今週いっぱいで終了予定です。毎年少しずつ改良してきているさくら豆腐、今年が一番よく売れています。

2013.04.07

紅大豆納豆がおいしい


4月から新登場した紅大豆の納豆。地元高遠三義の農家で作ってもらった紅大豆(無農薬)を、長野市の村田商店さんに納豆にしてもらいました。それはそれは美味しいです。
こんなに納豆って美味しかったんだ、嫌な匂いってしないんだ、と知ります。豆が美味しいから、豆だけつまんで、パクパク食べちゃいます。納豆だけでお酒のおつまみになっちゃいます。こんな納豆はそうありませんよ!230円/80g

ご飯にごろごろ、食べ応えあります。あぁ、日本の食文化はすばらしい。

お店の前の桜も少しずつ咲き始めました。今週が見ごろでしょうか。今年は、お店の外(隣り)にゆっくり休めるブースを設けます。(期間:4/8~4/20 ※強風や寒い日は、店内に設けます) ざる豆腐、さくら豆腐、揚げ物などはご購入後、その場で召し上がっていただけます。揚げ物を焼く鉄板もご用意していますので、セルフで楽しみながらどうぞ。お茶やコーヒーもあります(セルフ)。豆乳の試飲、さくら豆腐の試食などもできます。そして、なんと!ご予約でお稲荷さんのご用意もいたします。
美しい山々と桜を眺めながらドライブ、まめやでホッとひと休みコース、いかがですか?