昔ながらのかまど炊きと手絞りで大事に豆腐をつくっています。

2013.03.30

春の新商品です


「高遠さくら豆腐」 390円
今年もこの季節がやってきました。桜葉が入った甘い香りの豆腐です。紅大豆(高遠産無農薬)という、皮が紅い大豆を使ってほんのりピンク色を出しています。信州高遠の桜花をあしらった上品な春の味わい、手土産にも喜ばれます。(期間限定 4/1~4/20)


「さくらおからクッキー」 230円
紅大豆のおからと、豆乳、桜の葉が入っています。バターや卵を使わず、菜種油で焼き上げたカリッと固めのクッキー。毎年の人気商品です。


「紅大豆の納豆」230円(80g)

紅大豆の珍しい大粒納豆。(地元高遠三義産、無農薬)色目がきれいで、もっちりとした歯ごたえ、香りがとても良いです。(写真は、収穫したばかりの紅大豆)
ちなみに、納豆の生産者「村田商店」さん(長野市)は、今年の全国納豆品評会で、見事、最優秀賞を受賞し、日本一となりました。なるほど美味しいわけですね。

2013.03.28

続・春休み


春休みだからといって、うちの子供たちはどこかに遊びに行けるというわけではなく、親はお店で朝から晩まで仕事をしているので、毎日お店のまわりで遊んでいる。本当はこんな長い休みには、どこかちょっと遠くの非日常的な場所に遊べに行ける子供もいるのかもしれないが、我が家は母親もいつも通り仕事なので、どこへも連れていけない。ドラえもんの映画を観にいきたいと言われたって、無理だなぁ、となる。

同じく、春休みといっても親がいつも通り忙しい家がもう一軒がある。そこは農家である。その子供は、うちと同じく毎日家にいるので、毎日遊びにくる。まだ6歳の子が、補助輪の自転車に乗って30分くらいかけてやってくるのだ。すごい度胸と体力だ。おかげで、我が家の子供は退屈せずに楽しく遊べるわけだ。

うちとその農家に共通して言えることは、どちらも、親が地元で働いていること。子供のすぐ近くで働いていること。たとえ、親は仕事をしていても、子供を見ていられるのだ。

親が共働きで町に出ている家は、子供を見られないので、おばあちゃんの家に預けられているパターンが多い。そういう家は、休みになるとひっそりと静かで、子供の声がしない。長い休みにこそ、みんなで外を駆け回って遊べればいいのに、と思う。親がいなくたって、子供同士は遊べる、そんな風に思う。(うちみたいに、いる親がみてあげればいいのだ)

昔は、どのうちも農家だったから、休みになってもどこへも出かけず、大勢の子供達がこの村の中で遊んだのだろう。子供はたくさんの子供の中で遊ぶのが一番いいのだ。それができない今の子供たち。私は、豆腐を作りながら、昔に思いを馳せ、今の現実と向き合う。

2013.03.25

春休み


子供4人は春休み。長男長女は、朝5時に起きて、チャリンコで近所の手伝いに出かける。まだ車がほとんど通らない道や、田んぼの畦道を通って、下りはジェットコースターのように駆け下り、上りはチャリンコを押してよいせよいせと上る。きっとトトロの世界だ。その後も、どこかをほっつき歩いて、10時ごろ帰ってきた、と思ったら、またどこかへ行ってしまった。つられて、次男次女もチャリンコと三輪車でどこかへ。お昼頃帰ってきたと思ったら、あれ、一人増えてる。見知らぬ子だ。友人の家に遊びに来ていた子供らしい。外で一緒にお昼ごはんを食べることになった。

木に登って遊んでいる子供達を見て、あぁ、こんな木にブランコを作ってあげられたらなぁと思った。でも、私は思っただけ。すると、長女が「ブランコ作る」と言い出した。木にロープをかけて、そこにどうしても板をくっつけたい。ビニールひもやら麻ひもやら縄やら持ってきて四苦八苦している。そんなんじゃ、くっつくわけないよ、おバカさん・・と横目で見ながら、「お母さん、薪割りで忙しいからね~」と私は非協力的。

すると、今度は、肥料袋を持ってきた。ロープに載せただけで、座れるようになった。うーん、これじゃ尻が痛い。肥料袋の中に、米袋を折りたたんでいれてみた。グッドアイディア!ふかふか座布団のようになった。これで十分、りっぱなブランコができた。

子供の発明する力はすごい。大人が、りっぱな遊び道具を作る必要なんてない。子供が自分で生み出すのだから。

そして、ブランコに飽きると、子供4人、またどこかへ遊びに行ってしまった。子供の取り巻く環境は、ここ三義でも問題は多いけれど、それでもやっぱり恵まれたところだなぁと。子供が子供だけの足で歩いて経験できることがどれだけ大切なことか、車社会の現代で常々考える。

2013.03.17

やっとホームページができました!

いかがでしょうか・・?
デザインが変わって少し読みづらくなったかもしれません。スミマセン。ぜひご意見お寄せくださいね。
これからも変わらぬお付き合いの程、よろしくお願いいたします!
これまでのブログはこちら