昔ながらのかまど炊きと手絞りで大事に豆腐をつくっています。

はじめまして

まめや家族のイラスト

青木智

長野県諏訪生まれ。小学校2年生の時に旧伊那市へ移住。
田舎をこよなく愛する田舎者。
東京にいた大学時代に有機農業を知り、自然とともに生きる世界に惹きつけられ、百姓を志す。
卒論で取り上げた、有機農業を核に地域おこしを実践している島根県の豆腐屋で食べさせてもらった豆腐のおいしさに感動し、以来、豆腐が好物になる。
卒業後実家に戻り、伊那食品工業に就職。会社勤めをしながら、家の脇で畑をやる。
その後、より豊かな暮らしを求めて高遠町山室に引っ越し、勤めていた会社を退社。
本格的に百姓をしながら、生計は豆腐屋で立てる・・・はずだったが、忙しくて楽しくて、畑に手が回らない・・・

青木春奈

生まれも育ちも東京。
都会の生活を謳歌していた大学時代、ゼミで訪れた東南アジアの国々で、価値観が180度転換。
特に、ラオスの自然の豊かさに感動し、自然の中での暮らしを求めるようになる。
国際協力のNGOボランティア活動をしていた頃、智と出会い、卒業後、結婚を機に伊那谷に移住。
今や都会人としての片鱗はなく、根っからの田舎者として地に足をつけている。